Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で猫が有毒化学物質のタンクに落ちて逃げ、健康上の懸念が高まる

日本で猫が有毒化学物質のタンクに落ちて逃げ、健康上の懸念が高まる

日本の中部にある町の住民は、六価クロムが入ったタンクに落ちた猫に近づかないように指示されており、当局は地元住民が猛毒の化学物質にさらされる可能性があると懸念している。

SF映画から飛び出してきたような話だが、月曜日の朝、広島県福山市にある野村塗料工場に出勤した従業員が、駐車場に黄色い動物の足跡があることに気づいた。

防犯カメラの映像を調べたところ、前夜に猫が工場に侵入していたことが判明した。

広島にある野村塗料工場の駐車場を横切る黄色い動物の爪跡。 写真:newsdig.tbs.co.jp

同社関係者はフラッシュ誌に対し、猫は摂氏50度(華氏122度)の一定温度に保たれている化学物質を保管するタンクを覆う蓋の上に乗って、その中に落ちた可能性があると語った。

六価クロムは塗料に使用されていますが、発がん性物質として知られています。 液体を飲み込むと、喉や内臓に炎症を引き起こす可能性があります。 この化学物質はまた、露出した皮膚に発疹を引き起こしたり、目に重篤な刺激を引き起こします。 治療しない場合、化学物質は失明を引き起こす可能性があります。

同社は警察と地元当局に通報し、住民に対し「猫が異常な行動をしている場合は注意するが、近づいたり触れたりしないよう」と呼び掛けた。

工場長はフラッシュに対し、猫を化学物質から遠ざける措置を講じなかったとして会社を非難する怒った地元住民から従業員が十数件の電話を受けたと語った。

「私たちは苦情を真摯に受け止め、今後このような事件が再び起こらないよう包括的な措置を講じる」と匿名の関係者は述べた。

ノックノック、そこから:日本は車の中に隠れている猫を保護する取り組みを強化しています

この事件はソーシャルメディアでも怒りを引き起こし、動物愛好家らは同社が適切な予防策を怠り、猫の死に大部分が想定していた事態に加担したと非難した。

NTVニュースのウェブサイトには、同社に対し謝罪、猫の飼い主への補償、危険化学物質の取り扱い許可の取り消しを求めるメッセージもあった。

しかし、工場敷地外で猫を飼うのは難しいと指摘する人もおり、動物に何が起こるかを恐れる飼い主は決して猫を家から出すべきではないと述べた。

別の投稿者は「もしかしたら彼女は超合金の猫に進化したのかもしれない」と皮肉を込めて示唆していた。

READ  米国の保健当局は、蚊媒介性ウエストナイルウイルスに取り組む準備をしています