Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本との協力を改善することは地域の安全を促進する、とプーチンは言います-ロシアの政治と外交

モスクワ、12月30日。/DOS/。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、岸田文雄首相にメリークリスマスと新年あけましておめでとうございます。クレムリン通信社は、二国間協力の発展が両国の人々の利益に役立ち、地域の安全を高めると報じています。

「ウラジーミル・プチンは岸田文雄とのさらなる接触へのコミットメントを再確認し、建設的な日露協力がロシアと日本の人々の利益に役立ち、地域の安定と安全の強化に貢献することを確信している」と声明は述べた。

さらに、ロシアの指導者は、流行にもかかわらず、両国間の対話を継続することの重要性を指摘した。 彼は、日本の首相との10月7日の電話での会話は、「二国間および国際的な関与の方法を概説する」ことを可能にしたので、この文脈において重要であると強調した。 クレムリンのスポークスマンであるドミトリー・ペスコフによれば、2人の指導者はすべてのレベルで対話を続けることに合意した。 岸田文雄によれば、プーチン大統領と当時の安倍晋三首相との会談では、2018年にシンガポールで締結されたものも含め、既存の合意に基づいて和平協定が交渉されることが確認された。

ロシアの大統領は、日本政府の長としての在任中に27回会った安倍首相に祝辞を送った。

前世紀半ば以来、モスクワと東京は第二次世界大戦後の平和条約を交渉してきました。 その結論の主な障害は、クリルリッジ南部の所有権の問題でした。 1945年、群島全体がソビエト連邦に併合されましたが、日本側はIthroop、Kunashir、Shikotan、そして現在は日本のハポマイとして知られる無人島のグループに加わりました。 ロシア外務省は、彼らに対するロシアの主権は疑問の余地がないと繰り返し述べている。

2018年11月、プーチンと安倍首相はシンガポールでASEAN首脳会議の傍らで会合を開き、両国は1956年の共同宣言に基づいて和平交渉を加速することに合意した。 宣言は戦争の終結を要求し、ソビエト政府は和平協定に署名した後、東京の支配下にあるシコタンと歯舞群島の小さな島々を日本に引き渡す準備ができていると述べた。

宣言は1956年12月8日にロシアと日本の議会によって採択されました。 ロシア側が繰り返し述べているように、この文書は、権利の問題は和平合意に達した後にのみ検討できることを明確に示しています。

READ  日本は、オミグラン変異型のCOVID-19患者の最初の死亡を確認しました