Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本との輸出開発を促進するUP

火曜日、ウッタルプラデーシュ州政府とインド大使館の間で、日本とウッタルプラデーシュ州の経済貿易関係を強化し、国からの輸出を促進するための可能な選択肢を検討するための仮想会議が開催されました。

会議には、インド駐日大使のSanjay Verma、副長官(UP中小企業および輸出開発(MSME))、Navneet Sehgal、OSD(州)、外務省、ニューデリー、C Rajasekar、UPが出席しました。インフラおよび産業開発委員会のArvindKumar。

会議では、輸出を促進するための具体的な戦略を策定するためのさまざまな側面が議論されました。 会議では、ウッタルプラデーシュ州と日本の間の手工芸品、食品、電子機器、衣類、カーペット、皮革、ODOP製品のインドから日本への二国間貿易の可能性について話し合われました。 ACS Micro、Small and MediumIndustriesのNavneetSehgalは、これらすべてのセクターにおけるウッタルプラデーシュ州の生産性について話し合いました。 彼は、これらのセクターは日本の市場の需要と一致していると述べた。 州政府は、ウッタルプラデーシュ州と日本の間の二国間貿易を強化することを約束しています。

インド駐日大使サンジェイ・バーマは、ウッタル・プラデーシュ州政府のイニシアチブを歓迎し、州中心のウェブサイトの組織化と仮想の買い手と売り手の会議の組織化において州政府に全面的な協力を約束しました。 彼はまた、今年末までにUP代表団を日本に派遣することに全面的に協力することを約束した。 彼は、輸出業者が日本に輸出する際には、認証と品質倫理を厳守するべきであると提案しました。

最近開催されたFoundationDayFestival 3.0に言及して、インフラおよび産業開発委員会のArvind Kumarは、州政府がさまざまな国から州への投資を呼び込むことにコミットしていると述べました。

C Rajasekarは、手を取り合ってMSMEの世界的な旅を支援する必要性を強調し、外務省は、貿易や投資ベースのロードショーや展示会などの適切なイベントを通じて州政府が輸出を促進するのを促進すると述べた。 会議には、UIP輸出促進局、ウッタルプラデーシュ輸出促進評議会、EXIM銀行インドの関係者も出席しました。

READ  ストーリーテラーのモトコが折り紙と日本の物語をジョーンズボローにもたらします。 アート&エンターテイメント