Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本とイランがアジアカップ準々決勝で対戦決定

日本とイランがアジアカップ準々決勝で対戦決定

カタール、ドーハ(AP通信)—日本は5位。 アジアカップ 彼らは水曜日にバーレーンに3-1で勝利し、準々決勝に進出した。

チームはグループステージでイラクに2-1という衝撃的な敗北を喫したことから立ち直り、次のラウンドでイランと対戦する。

利根律選手、久保建英選手、ウデあやせ選手のゴールで日本はベスト8進出を決めたが、鈴木詩音選手のオウンゴールがバーレーンにとって唯一の慰めとなった。

試合は延長戦の末に1-1で終了し、イランがPK戦の末にシリアを破って準々決勝に進出した。 彼らは土曜日にエデュケーションシティスタジアムで日本と対戦する。

日本は31分、毎熊聖也選手のロングシュートがポストに当たり、そのリバウンドを戸根選手が決めて先制した。

久保は後半4分に2点目を挙げた。

サイード・バケルの強力なヘディングシュートは鈴木によって空中に逸らされ、バーレーンに第64試合での逆転の望みを与えた。 その後、日本のゴールキーパーがボールをキャッチしようとしたが、アヤズが頭でゴールラインを外そうとし、ボールはネットに吸い込まれた。

アヤズは8分後にニアポストに低いシュートを放ち、バーレーンGKイブラヒム・ルトファラを破り、日本に2点のアドバンテージを取り戻した。

イランの恐怖

3度優勝しているイランは、大会のサプライズ番狂わせの1つでシリアを破るにはPK戦が必要だった。

メフディ・タレミが退場となり10人に減らされたイランは、最終的にアブドラ・ビン・ハリファ・スタジアムでのスポットキックで5対3で勝利した。

試合は延長戦で1-1で終了した。 タレミは34回、アイハム・オズのつまずきを受けてイランをPKで退場させた。

シリアはパブロ・サバクがイランGKアリレザ・ベイレンヴァンドに倒された後、64分にオマル・グルバニのゴールで同点に追いついた。

シリアは初めてアジアカップの決勝トーナメントに出場したが、タレミがロスタイム開始1分に2度目の反則で退場となり、アドバンテージを与えられた。 しかし、追加の選手はそれをあまり活かすことができず、試合は延長戦で均衡を保った。

PK戦ではイランがスポットキックをすべて決め、ベイランワンドがファハド・ユセフをセーブしたことが決定的な瞬間となった。

イランは8回連続の準々決勝進出となった。

___

APフットボール: https://apnews.com/hub/soccer

READ  日本の当局は、天津とオリンピックの契約に関して刑事告訴を求めている