Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本とスイスの科学者が電流を発生させるガラスを開発

日本とスイスの科学者が電流を発生させるガラスを開発

日本とスイスの科学者は、光にさらされると電流を発生するガラスを開発した。これは、長期的にクリーンエネルギーの生産につながると期待されている技術革新である。

東京工業大学とローザンヌ連邦工科大学の研究者らは、超短光パルスを放射するフェムト秒レーザーを使ってガラスの表面に円をエッチングした後、ガラス上に電流が発生することを確認した。

彼らの発見は1月に米国科学誌フィジカル・レビュー・アプライドのウェブサイトに掲載された。

スイスの学校の准教授でガラテア研究所所長のイブ・ベルアール氏は共同通信に対し、この技術は何も加えずに物質を変換できるため「驚くべき革新的」だと語った。
レーザー技術の専門家によると、研究室のグウィズデン・トルンという名前の学生の一人は、光ファイバーの製造に使用される工業材料である亜テルル酸ガラスなど、さまざまな種類のガラスにフェムト秒レーザーを使用した経験があったという。 この共同プロジェクトでは、日本の研究所が用意したテルライトガラスが使用されました。

以前日本の東北大学で学んでいたトルン氏は、研究中に偶然ガラス上に半導体結晶を作成した。 研究者らによると、その表面にはレーザーで円が刻まれており、テルライトガラスは紫外線と可視光に反応して電流を生成したという。

同研究所准教授の岸哲夫氏は「レーザーを使ってこのような現象が見られるとは予想していなかった」と語った。

「ガラスは光のみを通過させる受動的な材料ですが、フェムト秒レーザーを使用すると、半導体のように電流を流すことができる能動的な材料に変わります」と岸氏は語った。

「ガラスの組成を変えることで、ガラスの形状を変えたり、軽くて薄くしたりすることができ、より便利で実用的になります」と岸氏は付け加えた。

課題は残っているが、研究者らは、フェムト秒レーザーで変換されたテルライトガラスで部分的に覆われた窓が開発される日が来ることを期待している。

「これはクリーンエネルギー源となり、化石燃料の必要性を減らすことになる」とベルワード氏は語った。

READ  日本研究株式会社、三菱が米国の高速炉に協力する