Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本とフィジーは、中国の影響力が懸念される中、関係強化に取り組んでいます

東京(京都)-日本とフィジーは土曜日、太平洋地域の平和と安定に近づくことを約束し、中国とソロモン諸島の間の最近の安全保障協定に対する懸念を共有した。

チュア首相は、林芳正外相と二度外相を務めたフィジアン首相のボロック・ピネマラマ外相が、中国の軍事力の高まりの中で「自由で開かれたインド太平洋」の目標を達成するという目標を再確認した。経済的影響。 領域。

林は、ロシアによるウクライナの軍事占領は国際秩序の基盤を揺るがすものであり、基本的な価値観を共有する国々が団結することが重要であると強く非難した。

先月、中国が太平洋南西部のソロモン諸島と安全保障協定を締結した後、林のフィジーとパラオの太平洋諸島への3日間の訪問は日曜日に始まった。

中国とソロモン諸島の間の合意は、詳細は明らかではないが、北京が軍隊を配備し、島に船を止めることを許可すると言われている。

その日の後半、林はチュアで、太平洋諸島評議会の事務局長でクック諸島の元首相であるヘンリー・プナと会談した。 フィジーは現在18人の地域団体の長です。

日曜日、林はパラオの政治指導者と会談する予定です。

READ  フィリピンの利益に沿った米国、日本の海上位置-デルロザリオ