Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本とフランス、防衛と経済安全保障を強化する新たなロードマップを発表

日本とフランス、防衛と経済安全保障を強化する新たなロードマップを発表

日本とフランスは土曜日、インド太平洋地域における中国の影響力拡大を考慮したものとみられ、両国間の防衛・経済安全保障協力を強化するための新たなロードマップで合意した。

ロードマップでは2027年までの幅広い分野での協力目標を定め、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持を求めた。

日本は中国の台頭に対抗するため「自由で開かれたインド太平洋地域」の構築を推進しているが、フランスはニューカレドニアなど南太平洋の海外領土を保有しているため、この地域で戦略的利益を有している。

この合意は、アラブ首長国連邦での岸田文雄首相とフランスのエマニュエル・マクロン大統領との電話会談後に発表された。

両首脳はCOP28の首脳級会合に出席するためドバイを訪れていた。

両国はまた、経済安全保障に関する実務者会合を近く開催することをロードマップで合意し、レアアースなど重要鉱物のサプライチェーン構築での協力を確認した。

防衛面では、日本とフランスは相互アクセス協定(RAA)締結に向けた協議を加速すると述べた。 この合意により、共同訓練や災害救援活動を実施するための両国軍の円滑な展開が確保されることになる。

日本はすでにオーストラリアおよび英国とRAA協定を結んでいる。

国連気候変動会議の傍ら、岸田氏はエジプト大統領とも会談し、ガザ地区でのイスラエルによるハマスとの戦争の影響を受けている同国を支援するため、2億3000万ドルに上る支援を提供することを約束した。

岸田氏はヨルダン国王との会談で、イスラエルと国境を接するヨルダンに1億ドルの援助を提供することも約束した。

READ  日本のハナム県は、より多くの雇用機会を検討しています。 仕事