Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本とベルギーが半導体の生産・開発で協力へ

日本のチップ産業の復活を目指す新たに設立された日本の半導体会社は火曜日、ベルギーの研究機関と協力して日本で生産する次世代チップを開発することに合意した。

西村康稔経済産業相は記者会見で、新会社ラピダスは先月、自動車メーカーを含む日本の大手8社によって立ち上げられたと語った。 エレクトロニクスおよびチップメーカー、ベルギーのルーベンに本拠を置く研究機関である Imec と協力して、次世代チップを開発するためのナノエレクトロニクスと基本的なデジタル技術で知られています。

西村氏は記者団に対し、「ヨーロッパで最高の国際研究施設の1つにランクされている国際研究施設での半導体生産の分野でのImecとの協力は非常に有意義です」と語った。

この契約は、ベルギーのアストリッド王女が率いる貿易代表団の一員として来日している、Rapidus の小池篤義社長と、Imec の社長兼 CEO である Luc van den Hoff によって署名されました。

日本の影響力のある経済団体である経団連の戸倉正和社長は、ベルギーの代表団に、世界の安全保障と経済環境がますます不安定になっているため、両国は協力を拡大すべきであると語った。 戸倉氏は、グリーン技術、サイバーセキュリティ、次世代半導体での協力を拡大したいと述べた。

時計: バイデン氏は、厳しい中間選挙の中で、カリフォルニア州で半導体技術政策を推進している

Imec (Interuniversity Microelectronics Center) は、小型化と超薄型回路を必要とする高度なチップを製造するための専門知識と技術で知られています。 この提携は、Rapidus が 2027 年までに 2nm チップを開発および生産するのを支援することを目的としています。

日本のコンソーシアムは、経済安全保障を強化するための政府の取り組みの一環として、日本のポテトチップスへの過度の依存を減らすために自家製ポテトチップスの生産を促進することを目的として設立されました。 メンバーには、トヨタ自動車、エレクトロニクス メーカーのソニー、NEC、ソフトバンク、日本電信電話、コンピュータ メモリ メーカーのキオクシアが含まれます。

日本政府は、同盟国である米国と緊密に連携しながら、国内のチップ製造を後押しするための措置に700億円(5億1000万ドル)を費やしています。

日本はかつて半導体の開発と生産で世界をリードしていたが、外国企業と協力してより高度な技術を開発するのが遅く、米国、台湾、韓国、ヨーロッパの一部の国などの世界的な競争相手に遅れをとっている.

Rapidus は、Imec にエンジニアを派遣し、日本以外の研究所や企業との関係を構築する予定です。

パンデミックと米国と中国の間の緊張の高まりにより、日本が海外のサプライヤー、特に中国に依存する危険性が浮き彫りになり、日本は独自の製造能力の構築に注力するようになりました。

西村氏は調印式で、この取引が2020年後半の次世代半導体の設計および製造生産拠点の確立に貢献し、志を同じくする国や地域の半導体サプライチェーンの回復力を高めることを期待していると語った。 .

READ  説明:COVID-19の症例が増えるにつれ、日本は「Lockdown-Lite」に固執します