Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本とミャンマーをつなぐ映画

日本に亡命を求めるミャンマー人家族を描いた受賞映画は、今年の軍事クーデター後の洞察力で注目に値することが証明されています。 映画監督の藤元明緒が先月、東京都内で特別上映を行った。

藤本は、日本の他の都市でさらに多くのショーを計画しています。 彼は、治安部隊が抗議者を取り締まる一方で、民間人の死亡者数が増え続けているミャンマーの人々の意識と支持を高めることを望んでいる.

2017年の映画は、2007年の反政府抗議運動の後、日本に逃れた家族の実話を描いたもので、東京国際映画祭で最優秀アジア未来映画賞とスピリット・オブ・アジア賞を受賞した。

藤本監督はミャンマー人女性と結婚。 彼はそこに 1 年間住んでいて、特別な関係を持っています。 「いつかまた行きたい場所です」と彼は言う。 しかし、これは現在の状況では不可能です。

藤本さんのミャンマーと日本での写真。

藤本さんと妻のヤダナさんは、ミャンマーの家族のことを心配しています。 両親や妹の安否も確認でき、時には電話で話すこともあった。 しかし、治安状況が悪化するにつれて、彼らの懸念も高まっています。

私の両親は、夜に放火が怖くてよく眠れないと言います。 人々が家の外から銃で撃たれているので、彼らは自分たちの街の犠牲者についても話します」

2 人は 5 月にミャンマーを訪問し、2 歳の息子が祖父母に会うことを計画していた。 彼らは旅行をキャンセルしなければならず、ヤダナはいつ家族と再会できるかわかりません。 彼女は自分が混乱に陥るのを見てがっかりした.

「ミャンマーは近年、インフラの改善と貿易の拡大により急速に発展しています。私たちは国が前進していると感じていましたが、現在は反対方向に向かっています」とヤダナは嘆く。

彼女は、ミャンマーの人々は日本に失望していると言います.日本は長年にわたり主要な投資家であり、株主でもあります. ミャンマーの人々は、軍事政権に抵抗するために日本が何かをすることを期待していました。 しかし、その期待は失望に変わります。」

藤本氏によると、日本人はミャンマーで何が起きているかをよく知っている一方で、より共感的で、問題をより深く理解する可能性があるという。 それが彼が番組を作った理由です。

藤本家
藤本明夫と矢田奈、2歳の息子。

イベントには約100名の方にご参加いただきました。 藤本さんは収益の全額をミャンマーの人々を支援する非政府組織に寄付しました。 「コロナウイルスのパンデミックにより日本自体が困難な時期に直面している中、非常に多くの人々がミャンマーのために集まってくれることを嬉しく思います。」

READ  日本の PE プレーヤー J-Star が中井産業フィルム コーティング カンパニーを退社