Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本とロシアが気候変動と戦うために水素とアンモニアで協力する

2021年7月15日、ロシア、太平洋のサハリン島のプリゴロドノエにあるサハリンエナジーが運営するLNGプラントの概観。REUTERS/ Vladimir Soldatkin //ファイル写真

東京(ロイター)-日本とロシアは木曜日に水素とアンモニアの生産に協力することに合意した、と日本の産業省は木曜日に言った、長年の石油と天然ガスのパートナーが化石のよりクリーンな代替品に焦点を移しているからだ。 燃料。

日本の影山産業相とロシアのニコライ・シュルギノフエネルギー相は、木曜日にロシアのウラジオストクで始まった東方経済フォーラムの一環としての仮想会議の後、協力に関する声明に署名した。

各国は、炭素の回収と貯蔵(CCS)や炭素の回収と使用(CCU)など、大気中への温室効果ガスの排出を削減するための研究開発と技術に協力します。

ロシアはエネルギーに恵まれていますが、資源に乏しい日本は、将来の潜在的にカーボンニュートラルな燃料のためのグローバルなサプライチェーンを構築する取り組みを加速しています。

ロシアは2020年に世界のアンモニア生産の約10%を占めました。

日本の産業省はまた、水素、アンモニア、炭素の貯蔵と貯蔵に関するロシア最大のLNG生産者であるノバテクと協力覚書(MOC)に署名しました。

省当局者は、同省が今月後半にロシアの主要な石油生産者と別の主要なガス生産者と同様の石油取引に署名することを目指していると述べた。

ロシアのサハリン液化天然ガス(LNG)施設への投資家であり、ロシアの石油の輸入国である日本は、2050年までにカーボンニュートラルを目標としています。 1991年のソビエト連邦の解散以来、産業空洞化により達成されました。

水素は主に石油精製に使用され、アンモニアは肥料や工業材料に使用されますが、将来的にはどちらも高炭素燃料に取って代わる可能性があります。

日本は、天然ガスを置き換え、一部の石炭をアンモニアに置き換えるために水素を実験しています。 続きを読む

水素の年間需要を2030年までに300万トン、2050年までに現在の約200万トンから2000万トンに増やし、アンモニア燃料の需要を現在のゼロから2030年までに年間300万トンに増やすことを目指しています。 続きを読む

東京の大林由香とウラジオストクのウラジオストクのウラジミール・ソルダトキンによる追加報告。 バーバラ・ルイスによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  今週のアクション| エコノミスト