Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と中国が会談し、北京が台湾への攻撃をシミュレートする中、海洋に関する懸念について話し合う

日本と中国が会談し、北京が台湾への攻撃をシミュレートする中、海洋に関する懸念について話し合う

[東京 10日 ロイター] – 日本政府と中国政府の高官は10日、中国政府が台湾周辺で軍事演習を行っている中、東シナ海の係争水域における海洋問題について話し合うために会談した。

中国の軍用機と軍艦が台湾への攻撃をシミュレートした2012年に始まった海洋問題に関する定期的な協議の一環として、台湾の蔡英文総統は米国を訪問し、米国のケビン・マッカーシー議長と会談した。

会談が始まる前に、日本政府のトップ報道官は、日本は台湾周辺での中国の軍事演習を定期的に、そして「大きな関心を持って」見守っていると述べた。

松野博和官房長官は記者会見で、「台湾海峡の平和と安定の重要性は、日本の安全のみならず、国際社会全体の安定にとって重要である。

北京は台湾を中国の一部と見なしており、米国と台湾の高官の会合を内政干渉と見なしている。 それは、それがならず者の州と見なしたものを支配下に置くために武力を行使することを排除しませんでした.

中国側代表団は、中国外務省国境海事局長の洪梁が率い、日本側は船越武洋アジア・海事局長が率いました。

11月の最後の会議で、ホン氏は、島と本土を隔てる海峡である台湾海峡での中国の活動についてコメントしたことで東京を批判した. 彼はまた、両国が領有権を主張する東シナ海の島嶼周辺の水域から船舶を撤去するよう日本に求めた。

彼らの沿岸警備隊の船は、日本の尖閣諸島と中国のテオユ島として知られる、日本が支配する島々を囲む海域で定期的に互いに向き合っています。

米国はこの地域の主権について何の立場も持っていないが、中国が島を占領しようとする試みは、同盟国への攻撃と見なすと述べている。

中国と日本は先月、軍事通信ホットラインを設立し、紛争海域での空と海の事件を緩和するのに役立てました。

村上さくらによるレポート。 ティム・ケリー著。 サイモン・キャメロン・ムーアによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の高齢者の70%以上が7月末までに予防接種を受ける予定です。