Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と中国で景況感が急上昇

日本と中国で景況感が急上昇

ストーリー: 日本と中国の企業はより楽観的になっていると感じています。

月曜日に発表された数字は、日本のサービス部門企業の士気が過去30年以上で見られない高いレベルに達していることを示した。

日銀が注目する短観指数は大手非製造業で+34に達した。

これは、日本がまだ資産価格の上昇によるバブルの真っ只中にあった1991年夏以来の最高額である。

観光客数の増加が新たな観光客数の原動力と考えられている。

企業も価格上昇による利益増加を享受した。

しかし、製造業の見通しはそれほど楽観的ではなく、3月にはプラス11まで減少した。

しかし、短観の数字が中銀にさらなる利上げを促す可能性があるとの見方もある。

月曜日には中国にとっても心強い数字があった。

3月の景況感は11カ月ぶりの高水準に達し、製造業活動は13カ月ぶりの速いペースで拡大した。

外需拡大の兆しが推進要因の一つとなった。

これはすべて最新の購買担当者指数によるものです。

輸出と小売売上高が予想を上回ったことを受け、中国経済にとって今年の明るいスタートを示している。

これを受けてシティのアナリストらはすでに同国の成長予測を引き上げている。

しかし、中国は依然として巨大な不動産セクターの混乱など逆風に直面している。

このため、多くのエコノミストは、中国政府が今年約5%の成長目標を達成したいなら、さらなる景気刺激策を講じる必要があると予想している。

READ  60日でビジネスを立ち上げた創業者 - 情報