Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と中国の専門家が福島第一原発の処理水放出について議論

日本と中国の専門家が福島第一原発の処理水放出について議論

日本の外務省によると、日本と中国の専門家が中国で、故障した福島第一原子力発電所からの処理水や希釈水を海に放出することについて協議した。

同省によると、会談は土曜日に中国北東部の大連で行われたという。 日本政府関係者、発電所を運営する東京電力の代表者、中国の複数の研究機関の代表者が参加した。

会談は昨年11月の日中首脳会談の合意を受けて開催された。
両首脳は対話と交渉を通じて問題を解決することで合意した。

同省が会談に関する情報を公表するのは初めて。

関係者によると、参加者は技術的な観点から意見を交換した。

日本の参加者は科学的根拠に基づいて説明したという。 日本側は処理水や希釈水の放出を監視するシステムについて説明したという。 関係者によると、日本の参加者は作業が安全かつ透明性をもって行われるよう努めているという。

国際原子力機関は、昨年8月に原発運営者が運転の安全性を監視するために太平洋への水を放出し始めて以来、福島原発で独自のサンプリング調査を実施してきた。

日本政府は今後もこうした二国間協議を継続する予定だ。 政府は今後も中国に対し、日本からの水産物輸入禁止措置を解除するよう求めていく方針だ。

READ  東芝の買収を監督するプライベートエクイティ企業は核危機に直面している