Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と中国の経済は離脱ではなく適応している – 分析 – Eurasia Review

日本と中国の経済は離脱ではなく適応している – 分析 – Eurasia Review

文:青山留美

日本は、米国と中国の地政学的な対立によって最も影響を受ける国の一つである。 日本と中国の経済は多くの点で経済デカップリングの最初の道を進んでいるように見えますが、実際には構造的な経済変革の時期を経験しているだけです。

一般的な意見に反して、日本の経済安全保障政策の構造変化を推進しているのは、米中対立ではなく、日本のイニシアチブである。 2010年、尖閣諸島・天祐島をめぐる紛争のさなか、中国が突然日本へのレアアース輸出を制限したことは日本に警鐘を鳴らし、それ以来日本は中国への依存度を減らす努力をしてきた。

経済産業省は2020年、日本企業が中国から東南アジアや日本に生産拠点を移すのを支援する措置を導入した。 現在は日本貿易振興機構(ジェトロ)が管理している。 対日直接投資促進事業補助金。 日本政府は現在、次のように述べています。 重要な材料と原材料 日常生活や経済活動に欠かせないもの。

日本は、経済安全保障政策の法的根拠を提供し、経済安全保障に対する日本の理解を明確にするビジョン経済安全保障法を2022年5月に制定した。 この法律に基づき、日本は米国およびオランダと政策を調整しました。 輸出管理の強化 半導体や量子コンピューティングに関連する技術。 この動きについて考えられる説明の一つは、米国の一方的な対外禁輸措置であり、日本には政策調整の選択肢がほとんどなかったが、よりもっともらしい理由は、ひとたび中国が接近すればそのような技術が軍事目的に転用される可能性があるという懸念だった。 同年の日本の輸出入に占める中国のシェアは、 20パーセント日本の対中輸出の主力は半導体産業関連製品であることから、これは減少傾向を示している可能性がある。

最近のニュースにより、日本と中国の経済間の断絶のイメージが強まっています。 ホンダ、三菱自動車の中国撤退を受けて中国での製造人員削減を計画これらは、過去 10 年間の人件費の上昇と中国のライバルとの熾烈な競争に起因する傾向の最新の例です。 それは当然のことです 60~70パーセント 日本企業は中国で利益を上げているが、利益率の低下により30~40%の企業が徐々に中国から撤退している。

見かけによらず、これらの傾向は、日本と中国の経済が直面している劇的な構造変化を無関係に反映しているわけではありません。

アジア太平洋地域は反グローバリゼーションの例外であり、依然として地域経済統合に向けて進んでいます。 環太平洋パートナーシップのための包括的かつ先進的な協定と地域包括的経済連携協定はそれぞれ2018年と2022年に発効した。 日本、中国、韓国は2024年5月の首脳会議で3カ国自由貿易協定交渉を再開することで合意した。 これは、経済関係が不可欠であり、継続しなければならないという、地域の三大国の指導者からの明確なシグナルである。

日本政府の経済安全保障構想の目標は、「狭い庭に高い柵」を建設することだ。 2020年6月に政府補助金を受けた87社のほとんどは、航空機部品や医療機器などの戦略資産を生産している。 したがって、ジェトロのプログラムは中小企業に限定されています。

さらに重要なことは、日本企業はビジネスを適応させており、そのほとんどが中国を離れていないことです。 人件費の高騰や日中の政治関係の緊張などの課題に直面し、日本企業は2010年代初頭に「チャイナプラスワン」戦略を採用し始め、一部は事業を転換した。 ASEAN諸国向け。 新型コロナウイルス感染症のパンデミックによるサプライチェーンの混乱に対応して、多くの日本企業は「中国のための中国」戦略を採用している。

中国とビジネスを行う多くのグローバル企業と同様に、日本企業もウクライナ戦争以来、事業戦略の展開方法に大きな変化を遂げている。 現在、地政学的な考慮事項がマクロ経済予測よりも優先されています。 日本企業のこうした考え方の変化により、「中国のための中国」戦略が強化された。

新しいテクノロジーは、日本と中国間の貿易、つまり電子商取引の新しいビジネス モデルを生み出しました。 2022 年だけでも、中国の消費者は 144億米ドル eコマースを通じて日本製品の価値を。

日中関係の重要な特徴である経済的相互依存関係は簡単に壊れるものではない。 2023年現在でも中国は日本の最大の貿易相手国であり、日本は中国にとって米国に次ぐ2番目に大きな貿易相手国である。 経済統合の傾向が続く地域では、政治指導者は経済関係の安定化に強い意向を示しており、経済保護政策は完全な離脱を目指すものではない。 地政学的な課題に対応するため、日本企業は日中間の経済構造の力関係の変化に率先して取り組んでいる。

READ  日本製の人工スパイダーシルクがカーシート用のコートを織り上げています