Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と中国は来年セキュリティホットラインを運営することに合意した

東シナ海の紛争中の島々をめぐる緊張の中で、岸信夫防衛相は月曜日、中国の特使魏鳳凰に当局者間のホットラインを開設することに同意した。

岸氏は魏氏とのビデオ会議後の記者会見で、台湾海峡の平和と安定は日本の安全保障にとって不可欠であり、東京はそこでの進展を注意深く監視すると述べた。

岸氏は、「日中の治安当局との間で事前にホットラインを設置することが重要であることを確認した」と述べ、日本政府周辺海域での中国海警局の行動について「深く懸念している」と付け加えた。北京の尖閣諸島。 ディオに電話します。

12月写真は、2021年27日に東京で中国の魏鳳凰首相とビデオ会議を行っている岸信夫防衛大臣(左)。 (写真提供:国防省)(京都)

中国国防部は、尖閣諸島を取り巻く問題について、中国は「地域の主権と海事の権利と利益をしっかりと擁護する」と述べたと魏​​氏を引用した。

魏省は、中国と日本は、二国間関係の全体的な文脈に焦点を当て、東シナ海の安定を維持しようとしながら、「リスクを共同で管理および管理する」べきであると述べたと伝えられた。

岸信夫防衛相は、2021年12月27日に東京で中国の魏鳳凰とビデオ会議を開いた後、記者会見で講演しました。 (京都)

昨年12月から約2時間続いた最初の会談で、岸氏は、ホットラインは、海上および空中での偶発的な衝突を回避するために、2018年に両国によって開始された通信メカニズムの効率を改善すると述べた。


関連する報道:

在日米軍が出発前のウイルス検査を開始

11月、日本はセンカコスの外国占領を受け入れた

2022年の日本の国防予算は記録的な8年目に達した


「中国には(未解決の)問題があるので、交流が相互理解と信頼を高め、発展させることができるように、私たちは正直なコミュニケーションをとることを試みるべきです」と岸は言いました。

岸氏は、2月1日に制定された北京の新しい沿岸警備隊法の内容の北京の解釈を「強く要求」したと述べた。

物議を醸す法律の制定に続いて、岸は最初に2月に魏との会談を要求した。

READ  マグニチュード6.8の地震が日本を揺るがします。 重傷は報告されておらず、津波警報は発令されていません。