Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と中国は1年以上食品輸入禁止について協議を行っていない

二国間関係に詳しい情報筋は最近、共同通信に、北京の日本食の輸入禁止に関する日中協議は一年以上行われていないと語った。

中国は日本の二国間関係再開の要請に応じていないため、禁輸措置がいつ解除されるかは定かではない、と情報筋は述べ、停滞は中国の主要な太平洋自由貿易協定へのアクセスに関する議論に影響を与える可能性があると付け加えた。

2011年の福島原発事故後、北京は放射能汚染のリスクがあるため、福島および他の州からの食品の輸入を禁止した。 情報筋によると、日本は中国に対し、禁輸措置の解除について話し合うために設立したグループの第3回会合を開くよう要請した。

東京は中国市場での日本食の販売拡大を目指しており、2020年11月に両国の外相が委員会を設置することで合意し、米国と対立する北京は日本との関係改善を望んでいる。

ファイル写真は、2020年11月に東京で中国の王毅外相と会談した日本の外務大臣のモデキ(旧R)を示しています。 (京都)

証拠は、グループの職員が2020年12月と2021年2月の仮想会議で会合したことを示唆しています。

しかし、2021年11月に日本が呼びかけたとき、中国はグループ協議を行うことに同意しなかった。同年4月に福島の麻痺した原子力発電所から精製放射性水を放出するという日本の決定に公然と反対を表明した。

今年2月、中国当局者が違法な情報収集の疑いで北京にある日本大使館職員を一時的に逮捕したことで、二国間関係はさらに悪化した。

中国は、福島と近隣の8州からのすべての食品、およびニカタ州からの米以外の食品の輸入を禁止している。

昨年9月、北京は環太平洋パートナーシップに関する包括的かつ進歩的な協定として知られる貿易協定への参加を申請しました。

貿易協定加盟国は、食品の輸入を不当に制限してはなりません。 日本政府筋は、輸入禁止が解決されるまで、日本は協定に参加するのに好意的な気分にはならないだろうと言っています。

READ  日本で孤立したバスターズのショッピング データを示す