Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と中国は4年ぶりに7月に軍事交流を再開 – 大使

日本と中国は4年ぶりに7月に軍事交流を再開 – 大使

アジアの安全保障 | 安全 | 東アジア

笹川平和財団は7月に自衛隊と人民解放軍の交流を再開する予定で、これは20年間にわたる断続的な訪問の中での最新の展開となる。

2018年4月、東京での中国人民解放軍代表団歓迎レセプション。

クレジット: 高橋康介

外国人の笹川平和財団名誉理事長の笹川陽平氏は、日本の自衛隊(JSTF)の代表団が7月に中国に行き、中国人民解放軍(PLA)のメンバーが9月に日本を訪問する予定であると述べた。 取引所を主催した営利団体が5月30日に発表した。

この軍事交流は、日本が管理し中国が領有権を主張している台湾と尖閣諸島・天祐島を巡る二国間関係が緊張している中で行われた。

5月19~21日に日本の広島で開催された年次首脳会議で、グループ7(G7)諸国の首脳は東シナ海と南シナ海における中国の強硬な行動に対して断固とした立場を表明した。 コミュニケーション 「私たちは力や強制によって現状を一方的に変更しようとするあらゆる試みに強く反対します」と彼は宣言した。 中国はこの報道に強く抗議した。

東アジアなどで緊張が高まる中、軍事交流再開のタイミングについて問われ、笹川氏は「政府と民間の状況は異なる。 このような場合、民間企業が相互理解のための窓口を設けることが有効である。 一緒に昼寝をしたり、カジュアルな会話をしたりすることは非常に重要です。 この軍事交流は世界でも類を見ないものである。

主催者によると、これまで日本は13の異なる任務で152人の自衛隊員を中国に派遣し、中国は12の任務で228人の人民解放軍隊員を日本に派遣した。 人民解放軍隊員はそれぞれ1週間ずつ、日本の企業や農村を訪問し、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊と交流を深めた。

この記事は気に入りましたか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 月額わずか 5 ドル。

公式レベルの二国間軍事交流は2001年に始まったが、東シナ海の尖閣諸島・天祐島沖で日本の海上保安庁の船2隻と衝突を繰り返した中国のトロール船船長が逮捕されたことを受け、2010年に中止された。

両国は2011年10月に人民解放軍将校20名が来日して軍事交流を再開し、2012年2月には自衛官が中国を訪問して交流を行った。

しかし、日本の仙岳島・天祐島の国有化に伴う緊張の高まりを受けて、人民解放軍は2012年に自衛隊との軍事交流プログラムを再び中止した。

しかし、笹川氏が北京を訪問した2018年2月、中国共産党中央軍事委員会は自衛隊との軍事交流を再開することで合意した。

2019年後半に中国で始まった新型コロナウイルス感染症のパンデミックのため、計画は再び中断され、両軍は過去4年間、対面での交流を行うことができていない。

二国間防衛関係の公式レベルでは、日本の浜田泰一防衛大臣と中国の李尚福国防大臣将軍が5月16日に専用の「ホットライン」を使って最初の電話会談を行った。 両首脳は、この通信システムが両国間の信頼を構築し、不測の事態を回避する上で重要な役割を果たしていると確認した。 両氏は6月2日から4日にシンガポールで開催されるシャングリラ対話の傍らで会談する予定だという。

米中対立が激化する中、中国は日本側を説得するため中日交流をより重視しているようだ。

日本側では、岸田文雄首相が、G7共同声明に概要が示されているように、東京が中国政府と建設的かつ安定した関係を構築していくと強調した。

READ  日本はロシアとの戦争後の難民を嫌うことなく、ウクライナ人を歓迎します