Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と他の 8 つの経済圏がセリ漁獲量を 25% 削減することに合意しました。

日本と他の 8 つの経済圏がセリ漁獲量を 25% 削減することに合意しました。

日本、中国、および北太平洋漁業委員会の他の 7 つのメンバーは、枯渇した資源を処理するために、サンマの合計漁獲割当量を昨年から約 25% 削減し、年間 250,000 トンにすることに合意しました。

2023 年 3 月 25 日未明、日本北部の札幌で記者会見に臨む水産庁の高瀬美和子氏(共同)

札幌での金曜日までの3日間の会議の終わりに設定された新しい漁獲制限は、2年間有効になります。 両当事者は、2021 年に前年比で 40% 削減することに合意し、2022 年には割当量を 33 万 3,750 トンに維持しましたが、東京は歴史的に漁獲量が少ない中で、割当量を 17 万トンに引き下げることを提案しました。

最新の変更後でも、割当量はパネルメンバーである日本、カナダ、中国、欧州連合、ロシア、韓国、台湾、米国、バヌアツが漁獲したシリアの魚の実際の量を依然としてはるかに上回っています。

水産庁の高瀬美和子氏は土曜日の記者会見で、「これは科学的根拠に基づいた漁獲枠です。これでは十分ではありませんが、資源の強化に向けた一歩を踏み出すことができました」と語った.

2021 年と 2022 年の 9 つのメンバーの合計割当量のうち、198,000 トンが公海に割り当てられ、135,750 トンが日本とロシアの排他的経済水域に割り当てられました。 新しい協定の下では、それらはそれぞれ 24% 減の 150,000 トンと 26% 減の 100,000 トンに削減されました。

参加者はまた、漁船の数を 2018 年レベルから 10% 削減するか、漁期を 180 日に制限してその期間外の漁を禁止することに同意しました。

加盟国は、2019 年に短い魚の漁獲枠を導入することを初めて承認し、2021 年に、公海と日本とロシアの間の排他的経済水域の枠を合わせて 40% 削減することを決定しました。 2022 年にも同じ割り当てが適用されます。

2022 年の日本の実際の漁獲量は過去最低の 18,000 トンでしたが、2021 年の台湾と中国の漁獲量は、前年からそれぞれ約 40% と 24% 減少したと報告されています。

年次総会は当初、昨年 3 月に予定されていましたが、ウクライナでのロシアの戦争のために延期されました。

READ  日本企業が127年間続いた造船事業から撤退する