Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と海外の量子技術団体が国際委員会の立ち上げに合意

日本と海外の量子技術団体が国際委員会の立ち上げに合意

経済技術


シリコンバレー, 1 月 31 日 (時事通信) — 火曜日、量子技術に関連するビジネスの開発を目指す日本と外国の 3 つのグループは、関連する国際委員会を立ち上げるための覚書に調印した。

4 つのグループとは、日本の量子産業革命戦略同盟 (Q-STAR)、米国の量子経済開発コンソーシアム (QED-C)、量子産業カナダ (QIC)、および欧州量子産業コンソーシアム (QuIC) です。 .

量子産業協会の国際評議会と呼ばれる新しい組織を通じて、4つのパートナーアライアンスは、量子暗号が普及し、情報を不正に抽出することがより困難になり、可能性が高まるという期待の中で、量子技術の市場を拡大し、サプライチェーンを強化します。量子暗号の。 量子コンピューターによるデータ処理の速度。

Q-STARには、東芝など65の企業が含まれています。 そしてトヨタ自動車。

キュースター社長で東芝社長の島田太郎氏は、時事通信社のインタビューで、「サプライチェーンの問題を解決する方法について、具体的な議論が(すでに)始まっている」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信社

READ  Company of Heroes: 技術的な野心を欠いた素晴らしい PC ゲーム