Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と米国、人工知能と半導体分野での協力深化を発表 – Republic World

日本と米国、人工知能と半導体分野での協力深化を発表 – Republic World

ジョー・バイデンと岸田文雄 | 写真: アニー

中国への依存を減らす: 土曜日の朝日新聞の報道によると、日本と米国は、来月予定されている岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領との会談で、人工知能などの最先端分野での協力を深めることを発表する予定だという。 バイデン氏は4月10日に岸田氏の米国公式訪問を迎える予定。

共同声明では両国間の提携を「世界的パートナーシップ」と表現し、人工知能と半導体技術の分野での協力強化を強調する見通しだと情報筋は明らかにしていないが、朝日新聞が報じた。

同紙によると、この協定の一環として、日本と米国は人工知能分野での共同研究開発の枠組みを確立する予定で、これにはNvidia、Arm、Amazonなどの企業も含まれる可能性が高いという。

米国はここ数カ月間、中国への高度な人工知能チップの輸出を制限する積極的な措置を講じており、軍事力を強化する可能性のある米国の最先端技術への中国政府のアクセスを阻止することを目的としている。

一方、日本も中国への依存度を減らすため、欧州連合(EU)と協力して次世代チップや電池向けの先端材料での協力を開始している。

(ロイター情報による)

READ  BloodborneファンはPC移植の証拠をさらに見つけたと考えている