Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と英国、新型戦闘機へのコミットメントを再確認

日本と英国、新型戦闘機へのコミットメントを再確認

7月6日、日本の岸田文雄首相と英国のキア・スターマー首相は、世界戦闘航空計画(GCAP)へのコミットメントを再確認した。

岸田首相は冒頭、スターマー氏の新たな役割に祝意を表し、日英関係の重要性を強調した。

彼は言った、 「価値観と理想を共有する日本と英国のパートナーシップは、これまでになく緊密かつ強力になりました。」 岸田首相は、英国の天皇皇后両陛下の訪問中の温かい歓迎に感謝した。

スターマー首相もこうした思いに同調し、両陛下にお会いできたことを光栄に思うとともに、日本とさらに緊密な関係を築きたいという熱意を表明した。 「閣下とご挨拶を交わす機会を頂き大変光栄でした。」 スターマー氏は語った。

両首脳は、欧州大西洋地域とインド太平洋地域の安全保障が深く結びついていることで一致し、継続的な協力の必要性を強調した。 「欧州大西洋とインド太平洋の安全保障は切り離せないものであり、緊密な協力が確保されている」 通話概要が記載されています。

彼らの議論の主な議題は、次世代ステルス戦闘機を開発するための英国、日本、イタリアによる共同の取り組みであるグローバル・コンバット・エア・プログラム(GCAP)であった。 この構想は、ユーロファイター・タイフーンや三菱F-2などの既存の航空機を置き換えることを目的としている。 「両首脳は、世界戦闘航空計画(GCAP)を含む両国間の協力強化の継続を確認した。」 要約は具体的です。

GCAP は約 9,000 人の従業員を擁し、英国に 600 社、イタリアと日本の 400 社を含む世界中の 1,000 社のサプライヤーが含まれています。

対話では、ウクライナ、中東、東アジアの紛争など、他の世界的問題にも触れた。 両首脳は、これらの課題に対処するためにG7およびその他の国際プラットフォーム内で協力する決意を再確認した。

READ  日本の岸田首相は、「グローバル・サウス」にアピールするために、アフリカとのより緊密な関係を模索している