Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と韓国、計画的な放水前に福島原発を訪問することで合意

日本と韓国、計画的な放水前に福島原発を訪問することで合意

日本と韓国の当局者は土曜日早朝に数時間の協議を行い、福島原発が処理済みだが放射性物質を含む水の海洋放出を開始する前に、韓国の専門家が今月下旬に福島原発を訪問することで合意した。 両国が長年緊張関係を改善しようと努める中、水の安全は大きな問題となっている。

協議は金曜日にソウルとオンラインで行われ、日本政府も津波被害を受けた福島第一原子力発電所の状況に関する最新情報を発表した。。 当局は、廃炉プロセスにおいて避けられないステップであるとして、水を放出する準備を進めている。

日本の外務省は、真夜中を過ぎて12時間近く続いた会談の後、土曜日早朝に声明を発表し、両国は福島原子力発電所の視察を含む韓国代表団が4日間日本を訪問することで合意したと発表した。そして、「そのプログラム内を含む詳細」を完了する必要があるとのこと。

政府と原発運営会社の東京電力ホールディングスは、放水は春から夏にかけて始まり、完了するまでに数十年かかるとしている。

2011年の大地震と津波により、福島第一原発の冷却システムが破壊され、3基の原子炉が溶融し、大量の放射線が放出された。 損傷した3つの原子炉炉心を冷却するために使用された水は、依然として高い放射性物質を含んでおり、原子炉建屋の地下に浸透し、現在プラントの大部分を覆う約1,000のタンクに収集、処理され、保管されている。

政府と東京電力は、原発を廃止し、さらなる大規模災害が発生した場合の漏洩リスクを軽減するための施設を建設するため、タンクを撤去する必要があると主張している。 タンク容量は2024年初めには137万トンに達すると予想されている。

岸田文雄首相は首脳会談のため5月7日から8日までソウルを訪問中 韓国の尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領とともに、関係改善をさらに進めたいという意向を示し、韓国の懸念に対処するため、日本が5月下旬に同工場に専門家チームを受け入れると発表した。

韓国外務省は土曜日、韓国の専門家が同原発で何を視察し、何を行うかについて両国が「綿密な協議」を行っており、詳細を最終決定するためにさらなる協議が予定されていると発表した。

韓国政府政策調整部のパク・クヨン第1次官は、韓国政府は5月23日から24日にかけて福島第一原発を訪問するために約20人の政府専門家を派遣したいと考えているが、実際の専門家規模は日本とのさらなる協議後に決定されると述べた。と事務局は語った。 彼は金曜日にこう言った。

朴氏は、今回の工場訪問は、日本の水処理施設やその運用、処理水の汚染レベル測定技術など「海洋放出事業全体の安全性を見直す」ためだと述べた。

韓国が日本の海域の解放計画が安全であると判断した場合、福島からの水産物の輸入禁止解除を検討するかとの質問に対し、朴大統領は韓国国民の懸念と環境問題についてのより深い調査の必要性を理由に「絶対にそうではない」と答えた。 2011年の災害の影響。

日本の当局者らは、韓国代表団の同原発訪問は査察ではなく、すでに国際原子力機関による審査を受けている排水計画の安全性評価や見直し・評価は含まれていないと述べた。

国際原子力機関は日本の信頼性向上に貢献 そして透明感。

松野博一官房長官は木曜日、今回の訪問は予定されている放水の時期に影響を与えるものではなく、理解を助けるために日本は引き続き安全対策について説明を行うと述べた。

日本の当局者らは、この水は国際基準に従って排泄できるレベル以下で安全に濾過され、放出される前に大量の海水で希釈されるため、人間の健康や海洋生物には無害になると述べている。

この計画は、安全性や風評被害を懸念する地元漁民からの激しい抗議に直面している。 韓国、中国、太平洋島嶼国などの近隣諸国も安全性への懸念を表明している。。 日本政府の度重なる抗議にも関わらず、韓国と中国は福島周辺からの食料輸入を禁止し、この水は「処理された」というよりも「汚染されている」としている。

一部の科学者は、トリチウムやその他の放射性核種への長期低線量被ばくが環境や人体に及ぼす影響はまだ不明であり、その放出は延期されるべきだと主張している。

歴史的な意見の相違により、東京とソウルの関係は緊張しており、最近では1910年から1945年に日本が朝鮮半島を植民地化した際の戦時中の韓国人強制労働者への補償をめぐって緊張が高まっているが、尹政権が一部を補償するための国内基金の創設を発表した3月以降、両国の関係は急速に悪化している。元労働者たち。。 東京と韓国は、ワシントンからの圧力を受けており、この地域で安全保障上の脅威が増大する中、関係修復に向けた切迫感を共有している。

___

韓国ソウル在住のAP通信記者キム・トンヒョン氏がこの報告書に寄稿した。

READ  Lenovo Tab 65Gは日本で公式です