Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と韓国の企業との9億8600万リンギット相当の輸出取引

リース: 4月1日から6日までの韓国と日本へのマレーシア貿易投資ミッションは、9億8,615万リンギットの輸出取引を生み出した。

マレーシア国際貿易産業大臣DatukSeri Muhammad Azmin Aliが率いる、主要なバイヤーと投資家をつなぐ使命は、高官が国際貿易協定の推進、マレーシア企業へのより多くの輸出の提供、マレーシアブランドの宣伝を支援できる効果的な高レベルの二国間関与です名前。

ミッション期間中、韓国と日本の主要なバイヤーや大手企業と製品とサービスの調達に関する議論が行われました。

韓国でのバイヤーとの会合の結果、約RM7000万の製品とサービスが韓国に輸出されたと報告された。 ハイライトには、大手小売業者のGS Retailとのミーティングが含まれ、その結果、食品と日用消費財(FMCG)のトリプルソーシングが約束されました。 マレーシア対外貿易開発公社(WhatTrade)と韓国の小売業者との間のフォローアップ会議では、後者の供給要件を満たすことができる企業を特定します。

遠征隊はクリエイティブ産業の発展を目の当たりにし、以前はマレーシアのパートナーと共同制作し、いくつかのマレーシアのアニメーション製品を配布していた韓国の会社Moggozi CoLtdとのミーティングにつながりました。 韓国企業は、アジアのコンテンツと創造性をコラボレーションモデルとして信じており、これはマレーシアの関心と一致しています。副社長は、マレーシア企業と協力してアニメーション映画やその他の関連プロジェクトを制作することに関心を示しています。

日本への貿易使節団は、三菱商事や三井物産などの主要な一般貿易会社との話し合いをもたらし、消費財、パーム油、ハラル製品およびサービス、化学製品、化学製品のマレーシアからの調達を増やすことを約束しました。

ミッションでは、マレーシアの輸出業者が日本のチェーンにさらに多くの製品を供給する機会を提供するために、Matradeが手配した人気のダイソー100円ショップとの貿易交換も行われました。

日本のダイソーアウトレットでは、160のマレーシア製品の保管ユニットを利用できます。

合計で、日本のバイヤーは、今後24か月間にマレーシアからの輸出でRM916.15百万を購入することを約束しました。

ミッションはまた、ハラル製品、情報技術、通信、電子商取引、デジタル変革などの分野で日本との貿易を戦略的に促進するマレーシアの協力を強化するために、日本貿易振興機構との協力覚書に署名したことを目撃した。

MatredのCEOであるMuhammadMustafa Abdul Azizは、韓国と日本がマレーシアにとってアジアの2つの主要市場であることを確認し、両国との関係を改善することができたことを考えると、貿易と投資の仕事は実り多いと信じています。

同氏は声明のなかで、「景気回復への取り組みの一環として、マレーシアの輸出業者と協力して輸出売上高の増加を支援することに焦点を当てたい」と述べた。

READ  東京オリンピック:国立競技場の内外