Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本と香港の学者は、仮想学習は本物に匹敵しないと言います



この画像は、2021年9月22日の教育の未来に関するウェビナーでの日本と香港の講演者を示しています(写真提供:Pasona Group Inc./Kyodo)

東京(京都)-COVID-19の大流行の中でオンラインレッスンが当たり前になっている一方で、日本と香港の学者は、学生とつながるテクノロジーの利点にもかかわらず、オンラインレッスンは実際には対面学習の代わりにはなり得ないと考えています。 。

京都精華大学のうすびさっこ学長は最近のウェビナーで、「学習は教室ではなく、教室の外、学生が交流できるキャンパスで行われる」と語った。

教育の未来に関するウェビナーは、学術界がオンライン学習によってもたらされる課題に直面しているため、日本の教育グループである淡路青年連盟によって開催されました。

佐古氏は、西日本の大学の教授たちは、たとえば芸術関連のコースをオンラインで教えるのに苦労し、学生もクラスに参加することに興味を失ったと語った。

マリ出身の佐古さんは、生徒のやる気を引き出すために、週1回の教師と生徒のインタラクティブなライブセッションと、他の日のオンラインレッスンのハイブリッドシステムを導入しました。

教師が仮想クラスを開催する際に直面する課題を認識し、彼は、新しい教授法に慣れるために大学が彼らを訓練するためのプログラムを開発する必要があると述べました。

全米大学協同組合連盟が7月に実施したオンライン調査によると、オンライン教室の限界を1つの要因として挙げ、パンデミックの中で学生の44.7%が自分たちの生活を充実させていないと感じています。

香港大学のビジネス経済学部の准教授であるBanielCheungは、オンラインクラスを介して情報と知識をすばやく共有することの利点に気付いたにもかかわらず、対面学習の利点についてのSackoの気持ちを共有しました。

「生徒の顔やボディーランゲージを見ずに教えることは難しく、相手が実際に何を考えているかを知ることは難しい」とチャン氏は述べ、COVID後の時代には教えることは「ハイブリッド」になる可能性があるが、「デジタルテクノロジーでは人間に取って代わってください。」…。

学生の声を代表する千葉大学2年生の志田風花氏は、パンデミックによりキャンパスでの学習の重要性が高まったと語った。

日本の青年大使であり、国連機関と子供と青年を専門とする市民グループとのパートナーシップで結成された国連グローバルアライアンスである千田氏は述べた。

サッコ氏は、パンデミックにより、生徒がソーシャルメッセージングアプリを介してコミュニケーションを取りやすくなったと述べ、恥ずかしがり屋の生徒が以前よりも積極的に教室に参加していることを指摘しました。

Cheung氏は、メッセージングプラットフォームWhatsAppを使用して学生と通信し、さまざまな目的のためにさまざまなグループを作成していると述べました。 このツールは、彼が「心理的距離」と呼ぶものを絞り込むために使用されます。

将来を見据えて、彼は大学間の将来の協力における技術の重要な役割を強調した。

チャン氏は、パンデミックの間、大学間のオンライン協力がより一般的になっていると述べ、特にアジアの大学の間で、これらの努力を継続するよう求めた。

彼は、日本の人材紹介会社Pasona GroupIncによって設立された組合によるウェビナーで述べた。

彼は、日本の大学がマンガやアニメーションなど、アジアの学生に人気のある英語のコースをもっと提供することを望んでいると付け加えた。

READ  日本のサーファー五十嵐カノアが彼についてのtiktoks空腹のオリンピック視聴者に応えます