Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本におけるアラブ首長国連邦の誇り-ニュース

Expo 2020ドバイが開催される中、東海大学代々田高校で学んでいる3人のエミラティ学生がジャパンパビリオンエキスポの大使に任命されたことは誇りです。



Abdullah Alshkali、Rashid Alberi、Khalifa Alsanadiは、アブダビの王子兼副司令官であるシェイク・モハメッド・ビン・サイード・アル・ナヒャンによって開始された教育イニシアチブの一環として、UAE学校の日本の幼稚園とアブダビに出席しました。 アラブ首長国連邦軍。

アルシュケリ氏によると、高校4年生の今、生徒たちは日本語に堪能で、他の国にいることには困難が伴いますが、友人の支援を受けて、日本文化をうまく受け入れてきました。

アルサナディはまた、同級生よりも遅れて日本に到着したときの言語の初期の問題についても話します。 しかし今、彼は船上で効率的です。

アルベリは、彼が文化に不慣れであるという彼の友人の感情を反映していますが、今振り返ると、彼は日本が素晴らしい経験だったと言います。 「最初は怖かったけど、ここに来てよかった」

現在、学生は日本語を流暢に話すことができ、この国の文化と倫理の一部となっています。 ジャパンパビリオンのブランドアンバサダーとしての高校生の活躍については、多くの話題があります。 アルベリ氏は、「日本についてもっと知りたいというエミラティの人々からは多くの関心が寄せられています。新しい橋を建設することができます。

アルシュケリ氏は、日本の教育制度をアラブ首長国連邦に持ち込み、人々にその制度をよりよく知ってもらうことが不可欠であると考えています。

アルサナディ氏によると、アラブ首長国連邦の日本人は、コミュニティがより強くなるのに役立つと信じているため、互いに助け合っていることを理解することが重要です。

アルベリにとって、日本人の「行儀の良い」生活は深遠です。 彼はこの考えを取り入れて、アラブ文化にさらに取り入れたいと考えています。

READ  禅と在宅勤務の芸術:日本のビルダーがミニオフィスキットを提供| 日本