Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本におけるスコットランドの象徴的な製品の保護ステータス

日本におけるスコットランドの象徴的な製品の保護ステータス

スコットランドのオークニー諸島チェダー、ストーノウェイのブラックプディング、および伝統的なエアシャーダンロップが、英国と日本の審査と官僚的なプロセスの完了後に正式な保護を受けることが期待される37の地理的表示(GI)のリストに追加されました。

作業が完了したら、2番目の安全措置が発表される予定です。

続きを読む | 日本は英国との1,000万ポンドの調理済み鶏肉取引を歓迎

象徴的なスコットランド製品の地理的表示を保護することで、偽造品が日本市場に流通するのを防ぎ、企業が自信を持って輸出できるようにし、消費者が本物の高品質な製品を確実に受け取ることができるようにします。

人口 1 億 2,500 万人の日本の人口は、世界各国の食べ物や飲み物に強い関心を持っています。 世界第 3 位の経済大国としてのこの国の地位と、2022 年の一人当たり GDP が 27,400 ポンドであることは、消費市場の強さと、日本における高級スコットランド製品のビジネスチャンスを浮き彫りにしています。

ブロックスバーンに本拠を置く牛肉供給業者ストッダーツはこの動きを歓迎している。

マネージングディレクターのグラント・モイヤー氏は、「ストッダードが2019年に日本への牛肉の供給を開始して以来、スコッチビーフのブランド特性は常に日本市場にとって重要な魅力であった」と述べた。

「地理的表示が正式に認められるという最近の発表により、日本におけるスコッチ&ストッダートのブランドは強化され、強化されることになります。

「スコットランドはその飲食の伝統で長い間称賛されてきましたが、それはスコットランドの世界的な評判にプラスになるだけです。」

続きを読む | スコットランドの赤身肉は日本のバイヤーに人気があるかもしれない

英国はまた、北海道ワインや比婆牛を含む多くの日本の飲食品の地理的表示を保護する予定だ。 これにより、英国の顧客は本物の日本製品を購入していると確信して安心して買い物をすることができます。

日英包括的経済連携協定は2021年1月1日に発効し、日EU貿易協定に基づく保護対象地理的表示が70以上に増加することになる。

英国政府のスコットランド担当大臣ドナルド・キャメロンは、「世界的に有名なスコットランドの輸出品の生産者は、日本とのこの重要な協定により、自国の象徴的な製品を確実に保護することができる」と述べた。

「私たちは、スコッチビーフとラム、ストーノウェイブラックプディング、オークニースコットランドアイランドチェダーなどの世界的に認められたブランドをサポートし、それらが世界の舞台でますます強くなっていくのを見ることができることを誇りに思います。」

READ  スポリア人は日本への旅行を望んでいる - ローレンス・ウォンに日本での勉強や仕事はどんな感じか聞く