Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本における農業技術の導入

日本南西部に位置する石垣島は、エメラルド色の海と見事な自然で有名です。 モンスーンはかつてここに植えるのが大変でしたが、今では島には涼しい気候を楽しむためにおいしい新鮮な野菜や果物があります。

「これはアジアモンスーン地域の植物植物システムであり、プランテーションハウスで構成されています。通常の温室のように外からは正常に見えるかもしれませんが、実際には、内部には環境を制御するための多くのハイテク機能があります。パナソニック株式会社の松本陽典氏は、「インターネットに接続すれば、どこからでも制御できる」と語った。

「リアルタイム監視システム、二酸化炭素、湿度、光センサーが装備されています。また、冷却用の高圧霧はコンピューターの支援によって制御されます」とYokinori氏は付け加えました。

ヨキノリさんは農家のことを説明し、「ご覧のとおり、とても綺麗な赤い色と「アマル桃太郎」と呼ばれる高品質のトマト植栽家です。」40トン/ 10Aの栽培が可能です。いちごの植栽所。より多くの光が必要ですが、トマトよりも温度が低いです。圧力ミストを噴霧することでこの低温を実現しています。また、この目的のために特別なLED照明システムを開発しました。制御システムを使用して、高温多湿の地域で新鮮な日本の果物や野菜を年間を通じて栽培する技術統合されたクラウドベースの環境。 よきのりは、東南アジアの代表者が参加し、後にフィールドトリップに参加したことを伝えました。

記事全文を読む www.bignewsnetwork.com。

READ  自動運転の日本の建設機械はGPSなしで独自の道を見つける