Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本におけるCOVID-19感染を評価するための血清疫学的研究

に公開された最近の研究では medRxiv*研究チームは、プレプリントサーバーが2021年8月から12月の間に、急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のデルタ変異体によって引き起こされた日本でのローカリゼーションを発見したことを示しました。

勉強: 日本におけるGovit-19の大規模なクロスセプティデミオロジー研究:集団免疫とワクチン有効性。 画像クレジット:Wirestock Creators / Shutterstock

人口540万人の日本中南部に位置する兵子県での以前の血清監視は、2020年10月にSARS-CoV-2に対して0.15%の中和活性を示しました。

2021年8月と12月に実施された血清病理学的モニタリングは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)分析によって推定されるよりも中和機能を示しました。これは、PCRベースの診断とともに、Covit-19の状況を判断するための強力なアプローチです。 与えられた時間。

研究について

現在の研究では、研究者は、2021年8月から12月の間に日本のコピにある兵子県の診療所で衛生検査に行った個人の血清を収集しました。 2021年8月と2021年12月の合同委員会の2つの研究グループがありました。 、そこから研究者はそれぞれ1,000の血清サンプルを収集しました。

アソシエイトには、20〜29歳、30〜39歳、40〜49歳、70〜79歳を含むいくつかの年齢層の人々が含まれ、被験者は20〜69歳の人々で大幅に減少しました。 いくつかの試験科目は70-80歳、20歳未満であり、18歳未満の人は誰もいません。

電気化学的イムノアッセイ(ECLIA)および酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)は、それぞれSARS-CoV-2 Nおよびスパイク(S)抗原に対する抗体価を測定します。

調査結果

ECLIAは、2021年8月と2021年12月の同盟国でそれぞれ2.1%と3.9%の正の抵抗率を発見しました。 2021年8月のグループでは、この比率は比較的高く、30〜39歳と40〜49歳の個人のそれぞれ3.4%と4.1%でしたが、年齢の陽性例は発生しませんでした。 18〜19歳と70〜83歳のグループ。 2021年12月のコホートでは、20〜29歳の抗N陽性率は10.6%、70〜79歳の抗N陽性率は5.0%であり、若い人たちの感染が増加していることを示しています。 そして、現時点では古いグループ。

被験者のワクチン接種と感染歴を考慮して、ELISAによって評価された抗S陽性率。 2021年8月と12月のコホートの抗S陽性率は、血清希釈のカットオフ指数(COI)0.3の40倍で、それぞれ38.7%と90.8%でした。

8月のコホートでは、60〜69歳と70〜83歳の抵抗S陽性率は、それぞれ70.7%と90.2%と比較的高かった。 対照的に、2021年12月のグループでは、テストしたすべての年齢で87.2%から100%のフラットな陽性率が観察されました。 重要なことに、両方のパートナーで1つの例外を除いて、すべての抗N陽性血清は抗S陽性でした。

Kruskel-Wallis検定の推定値は、2021年8月の関節の異なる年齢間で抗S抗体価の分布に有意差がないことを示しています。

2021年8月のコホートでは、387人の抗S陽性サブグループが、WT株に対して85.5%の中性力価を示したのに対し、デルタ変異株に対しては77.3%でした。 マンホイットニーのU試行評価は、Kovit-19ワクチンの2回投与の有効性を示しています。

ワクチン接種を受けた集団を代表する2021年12月の連合は、デルタ変異体に対して78.7%の高い中和陽性率を示し、効果的な社会的免疫を示しています。 対照的に、このグループは、36.6%の低い中和率によって推奨されるように、オミグラン感染の影響を受けやすくなっています。 全体として、これらの調査結果は、2回接種ワクチンがデルタ変異体の拡散を抑制し、研究期間中に感染率が3.9%減少したことを示しました。

年齢層に基づいて分離されたこれらの仲間の研究では、70〜79歳の人々の間で、中和陽性率はデルタおよびオミグラン変異体に対して低く、オミグランに対してわずか15%の血清中和活性でした。

デルタとオミグロンの両方の症例には高レベルの抗S抗体力価が含まれており、中和機能は主に抗S抗体の存在によるものであることが示唆されました。

結論

2021年8月から12月の間に、PCRベースの感染率は概算でした。 現在の研究の血清監視は、明らかになった感染率の2倍未満であり、したがって、定期的な断面血清学的モニタリングが、PCRベースの診断および抗原検査と組み合わせてCOVID-19誘発感染状態を解釈する強力なアプローチであることを示唆しています。

2022年1月6日の時点で、日本の74%の人々がGovit-19ワクチンを2回接種しました。これは、抗血清有病率の結果からも明らかなように、2021年8月のパートナーシップで38.7%の個人の社会的免疫を構築するのに役立ちました。 これらの結果は、兵庫県の単回および2回接種率に対応しており、それぞれ32.79%および42.05%です。

2021年12月までに、日本の高原でのワクチン接種率とSeroservilensの調査では、90.8%高い血清陽性率が明らかになりました。 さらに、調査では、デルタバリアントに対して78.7%の高い血清陽性率が示されましたが、オミクロンに対しては36.6%という非常に低い率でした。 全体として、これらの結果は日本でワクチン群免疫を確立し、2021年12月までにCOVID-19状態の重症度を軽減するのに役立ちました。

*ニュース速報

medRxivは、査読されていない予備的な科学的レポートを公開しているため、臨床診療/健康に関連する決定的または行動的ガイダンスまたは確立された情報と見なされるべきではありません。

READ  BCICは日本とのインド移民会議を開催します