Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本には何人の世界チャンピオンがいますか?  » 2024 年 2 月 25 日

日本には何人の世界チャンピオンがいますか? » 2024 年 2 月 25 日

ジョー・コイズミ著
写真:福田直樹

昨日、私たちは日本の東京で行われたトリプルヘッダーで日本人選手3名全員が世界タイトルに挑戦するのを見ました。 カウントダウンして、これまでの世界タイトル保持者を確認する時が来ました。 さあ、始めましょう。

アンディスピューテッド 122 井上尚弥 26勝0敗 23KO
WBA 118 井上拓真 19勝1敗5KO
WBO 118 中谷潤人 27勝0敗20KO
WBA 115 井岡一翔 31勝2敗1分、16KO
WBO 115 田中恒成 20勝1敗11KO
WBA 112 正剛 阿久井勇利 19勝2敗1分、11KO
WBC、WBA 108 寺地拳四郎 23勝1敗14KO
WBC 105 重岡雄大 8勝0敗5KO
IBF 105 重岡銀次郎 10勝0敗8KO

これまでに9人の世界チャンピオンが誕生しました。 記者はここで10人以上の世界タイトル保持者が揃ったあの日のことを覚えているが、その古き良き時代が日本のボクシングの黄金時代と呼ばれるなら、現在のわずか9タイトルのリストは明るい未来が期待できるものになりつつある。 飢えた挑戦者は世界中にいるので、私たちは現状を過信せず謙虚になる必要があります。 ボクシング競技は日々技術的に変化しているため、名声と富を得るために若者をより一層努力して育成する必要があります。 日本ボクシングの黄金時代はまだ到来していなかった。

フレイタスがボディービルダーを破壊する

アグエロがアルゼンチンでルセロに勝利

読んでください
コメント欄を皆様に楽しんでいただくために、いくつかのルールを設けております。
1. ボクシング関連の意見を保持する。
2. 敬意を持ち、礼儀正しく、清潔であること。
3. 個人攻撃は許可されません。
攻撃的な投稿は削除されます。
再犯者は保護観察処分となる。

READ  ダイハツ、偽の安全性試験の捜査で日本の工場を閉鎖