Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本に亡命したウクライナ人が感謝の気持ちを込めて茶道を開く





2022年7月3日、神奈川県の海浜蔵鎌倉ホテルで、ロシアの侵略を受けて母国を逃れたウクライナ人女性とその息子が見られる。 (毎日/稲葉健月)

神奈川県鎌倉市-戦争で荒廃した国をこの沿岸の日本の都市に逃げたウクライナ人女性とその息子は、7月3日に茶道を開き、約60人に感謝しました。

47歳の女性とその息子(13歳)は、ロシアがウクライナに侵攻した後、西川賢がロシアでお茶のレッスンをしている間に茶道の達人として彼女を教えた西川賢(78)の助けを借りて、4月上旬に日本に到着しました。他の国々。 場所。 母と息子は東京の南、鎌倉に滞在します。

二人は、町に心身ともに定住した地方自治体や支援者、近隣の人々に感謝の気持ちを込めて茶道を開くことにしたと語った。 ホテル海人蔵鎌倉でゲストらが茶道を見ている間、女性は「恋茶」の濃いお茶と「うすちゃ」の薄いお茶を出しました。

彼は最近ホテル業界で仕事を始めました。 夫やウクライナに残る家族のことを心配しながら、日本との結びつきとなっている日本茶の練習を続ける決意を表明。

一方、10代の息子は1か月前に地元の中学校で学校を始めました。 人気シリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」などのアニメが大好きで、その番組が日本語を学ぶのに役立ったとのこと。 彼はまた、翻訳アプリを使用しており、クラスメートとの会話を楽しんでいると言います。

西川氏は、「ウクライナでお茶会を開いたとき、ロシア人の同僚が助けに来てくれた。今起こっているのは、お茶会の反対だ」とウクライナ人に同情を表明した。

(日本語原作:稲葉健悦、鎌倉地方局)

READ  マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチンU20対日本代表のアレハンドロ・カルナチョの得点