Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本に住むミャンマー人、200万人の避難民の帰国を支援すると誓う

日本に住むミャンマー人、200万人の避難民の帰国を支援すると誓う

ファイル写真:2021年2月21日、ミャンマーのヤンゴンでクーデター後、街頭に書かれたスローガン。 (ロイター)

在日ミャンマー人らは先週末、暴動に見舞われた同国の民主化運動に対する国軍の弾圧で避難民となった約200万人を支援するため、東京で募金イベントを開催した。

東京の池袋ショッピング・歓楽街で開催された連邦フェスティバルでは、少数民族のメンバーが伝統音楽や踊りを披露し、地元の食べ物や手工芸品を提供して、100以上の民族がいるミャンマーの多様性を紹介した。

「このイベントの収益を通じて、ミャンマーの少数民族を支援したいと考えています。

「日本や世界の人々がウクライナ戦争に注目しているのは理解できるが、2021年2月1日のクーデター後のミャンマーの悲惨な状況についてもっと知りたいと思っている」と同氏は述べた。

日本の主要野党である立憲民主党の石橋通宏市議は、空爆やミャンマーの村々焼き討ちによる民間人への軍事攻撃を引き合いに出し、国内避難民への支援を強化するよう日本政府に求めていると述べた。 。

ミャンマー民主主義日本国会委員会の事務局長を務める石橋氏は、「国会議員と日本の国民の皆さん、私たちはミャンマーの平和、民主主義、人権を回復するためにミャンマー国民に力を与えるために行動を起こしていきます」と述べた。 。」 。

軍事政権に対するミャンマーの影の文民指導部である国民統一政府(NUG)の日本の代表であるソー・バ・フラ・テイン氏は、日本は増え続けるミャンマーの避難民に住宅やその他の緊急援助を提供したいと述べた。

ソウ・バ・フラ・テイン日本からミャンマー国連へ同氏は、援助は軍主導の政府ではなく、政府機関や非政府組織を通じて提供されるべきであり、そうでなければ援助は困っている人々に届かずに軍政に転用されてしまうだろうと示唆した。

同氏は日本の岸田文雄首相の政府に対し、軍事政権の統制を弱体化させるためにNUGをミャンマーの合法的な統治機関として認めるよう求めた。

タイに本拠を置く監視団体「政治犯支援団体」によると、軍が文民指導者アウン・サン・スー・チー氏を逮捕し、民主的に選出された政府を打倒して以来、抗議活動参加者やその他の民間人4,100人を殺害した。

国連とミャンマーも加盟する10か国からなる東南アジア諸国連合が主導する紛争終結に向けた外交努力は、軍がNUGとの関与を拒否しているため行き詰まっている。

READ  価格が上昇する中、日本は新たな刺激策に81億ドルを費やしている