Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の「水素社会」政策は「完全な失敗」

2017年、日本はカーボンニュートラルな「水素社会」を構想する旗艦国家水素戦略を策定しました。 しかし、再生可能エネルギー研究所の報告書は、10 年間の予算の 70% が「悪い考えに費やされた」という、壊滅的な見当違いの政策であると批判しています。

REI は、過去 5 ~ 6 年間で「幾分洗練された」という事実にもかかわらず、日本がヨーロッパや中国などに追いつく可能性がある場合、ましてや何らかの形で回復する可能性がある場合、日本の戦略はオーバーホールが必要であると主張しています。トラフィックの利点。時期尚早。 のようなアイデア 未来のトヨタ/Woven Planet「Woven City」 彼の広範な使用により、 ホームエネルギー用水素ボンベ また、短距離輸送用の燃料電池車は、これらの燃料電池車の実際の用途とは大きくかけ離れています。 脱炭素化に注力すべき戦略が、実は日本を追い込んでいる より高い 場合によっては、この国の初期のグリーン水素産業が殺されます。

と題するレポートの主な論点 日本の水素戦略を再考する:「水素社会」の幻想を超えて それは 3 つの主な領域に分けることができます。

1) 日本は間違った用途のために水素をターゲットにしている

水素は、バッテリーや直接電気に比べて受動的で非効率的なエネルギー担体であるため、水素とその担体は、別の簡単な方法では脱炭素化できないものを対象とする方が適していることを、世界中のほとんどの人が理解するようになりました。 航空、海運、重量物輸送、および鉄鋼産業は、水素が競争力のあるソリューションのように見える分野の良い例です。

一方、日本の戦略は、乗用車(消費者がバッテリー電気自動車を圧倒的に好む)やビル用の「エネファーム」熱/エネルギーシステムを組み合わせたものに水素を積極的に推進しています。より多くのエネルギー – ヒートポンプで効率的に。 言うまでもなく、自宅の電力を維持するために水素燃料キャニスターを常に交換しなければならない状況を誰が望んでいるのでしょうか?

Woven Planet の家庭用エネルギー用の交換可能な水素ボンベ

織られた惑星

「日本の水素戦略は、『悪い考え』のアプリケーションを主な焦点としている」と報告書は述べている。 その結果、水素プログラムのための初期政府予算 4,600 億円 (35 億米ドル) の大部分 (約 70%) は、燃料電池乗用車、水素燃料補給インフラ、家庭用燃料電池などに向けられています。

このレベルの出費にもかかわらず、日本人は噛まない。 家庭用燃料電池は、幸運にも 2030 年までに戦略の販売目標の 5 分の 1 に達するでしょう。燃料電池車はあまり人気がありません。 現在のペースでは、2030 年までに販売目標の約 40 分の 1 に達する見込みです。

2) 日本は水素汚染を優先した

報告書によると、この戦略は、少なくとも 2030 年までは「灰色」の水素に完全に依存しているとのことです。 これは、水素 1 トンあたり約 6 トンの二酸化炭素を生成するダーティ ハーバー ボッシュ プロセスでメタンを使用して生成できます。また、熱のためにメタンを燃焼させ、炭素の大気温暖化よりも約 80 倍悪いメタンの漏出に寄与します。二酸化炭素. 20 年間にわたる二酸化炭素. または、褐炭をガス化して生産することもできますが、これも排出量が 2 倍になります。これは、日本がオーストラリアの輸出業者と協力して検討しているモデルです。

早期視聴は一つのことです。 ダーティ水素は、現時点で大量に入手できる唯一の種類です。 しかし、報告書はまた、日本がよりクリーンなものに向けた実際のロードマップを持っていないことを批判しています. それはすでに、青色および灰色の水素でさえ、そのソースに関係なく「非化石エネルギー源」として分類することを許可しており、青色または緑色の水素の基準をまだ設定しておらず、政府はあらゆる水素を良いものとして扱う法律の作成に忙しい水素。

これはばかげた状況につながります。 国の第 6 次エネルギー戦略計画では、メタンを燃料とする発電所が 2030 年までに水素ガスの 30% を排出することを求めています。植物はメタンを燃焼し続けました。

また、国際貿易の観点からも、日本は非常に不利な立場にあります。 他の地域では、水素生産をより厳密に管理しており、エンドツーエンドの排出量の合計は、輸入関税などで大きな役割を果たします。 日本は、排出量を増加させ、排出量に焦点を当てた世界貿易市場での輸出を削減するために産業部門を活性化していますが、企業が物事をきれいにしたいと思わせるようなロードマップを思いつくことができていません。

日本の産業界は困難な刺激に対応し、次の方向に進んでいます。 "水素社会ファンタジー、" 再生可能エネルギー協会によると
日本の産業は悲惨な刺激に対応し、「水素社会の幻想」に向かっていると、自然エネルギー財団は述べています。

トヨタ

3) 国のグリーン水素生産部門は未発達である

グリーン水素の生産は現在、ブルーまたはグレーの水素を生産するよりも数倍高価であるため、すべての水素が良好な水素として扱われ、この状況がすぐに変わるという兆候がない場合、国内のグリーン水素セクターは日本は苦しんでいます。 「ヨーロッパと中国がリードしており、これらの国の最新の動向を見ると、日本の遅れは恐ろしいものです」とREIのレポートは述べています。

たとえば、電解槽の製造を検討している日本企業は 2 社しかなく、そのうちの 1 社は生産が限られています。 キロワットあたりの機器のコストは、中国の競合他社の約 6 倍であり、日本が現在の軌道でそのギャップを埋めることができるという兆候はありません。

おそらくこれは驚くべきことではありません。 日本は再生可能エネルギーにとって世界の難しい部分です. 太陽光発電の可能性は大きくなく、陸上風力部門は厳格な承認プロセスによって妨げられており、洋上風力発電は高価であり、原子力は、理解できる安全規制、コストの上昇、福島原発事故後の世論の反対により、目標を達成する可能性は低いです。災害。 日本の再生可能エネルギーは非常に高価であるため、日本でのグリーン水素の生産は安くはありません。

しかし、報告書が指摘しているように、ここでの代替案は、代替よりも地球上でしばしば悪い汚い灰色の水素に対してオーストラリアに支払うことです.

「日本が水素戦略を抜本的に見直さなければ、日本の水素ビジネスは、太陽光や風力エネルギーと同様に成長の可能性を失う可能性がある」と報告書は締めくくっている。 「日本は水素戦略を脱炭素戦略に根付かせ、どのような種類の水素でもよいという考えを正さなければなりません。日本が国際的に認められたブルー水素温室効果ガス排出基準を早急に確立しない限り、日本が力を注いでいる国際的なサプライ チェーンは成功しません。自信です。

「政府はまた、脱炭素化を達成するために本当に必要なアプリケーションを特定し、再生可能エネルギーの成長速度に応じて、国産水素を供給し、一部を輸入で補うことで、需要を満たすシステムを構築する必要があります。日本が戦略と政策を変更した場合、サプライチェーン構築の取り組みで得た日本企業の経験を活かし、世界の水素ビジネスで重要な役割を果たすことができるでしょう。

ソース: 再生可能エネルギー研究所 経由 再充電

READ  あなたは幸せです、そしてあなたの上司はセンサーがそう言うのでこれを知っています:朝日新聞