Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のはやぶさ 2 探査機は、太陽系よりも古い塵の粒子を発見しました

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星リュウクのサンプルから、太陽系形成前のちりが見つかった。

小惑星は 45 億年前に惑星が形成された際の名残であり、中には太陽以前の粒子が含まれているものもあります。

はやぶさ 2 によって琉球から捕獲された 5.4 グラムのサンプルには、太陽系よりも前の穀物が含まれています。 クレジット:JAXA

これらは、太陽系を形成するために続いたガスと塵の未処理の残骸であり、隕石の約 5% に見られます。

隕石は小惑星の物質を収集する簡単な方法を提供しますが、2019 年に小惑星から直接収集された手付かずのはやぶさ 2 のサンプルとは異なり、それらは地球にいる間に汚染されています。

国際チームは、リュウクウのサンプルで太陽以前の粒子を見つけることができるかどうかに興味があったため、同位体比を使用してそれらを探しました。

同位体は、原子量がわずかに異なる元素の代替バージョンです。

同位体比は、それらが由来する星によって支配されるため、粒子を使用して、太陽系を形成した物質がどこから来たのかを追跡できます。

www.hayabusa2.jaxa.jp

READ  日本の作家の子供向けの本がアメリカの学士賞を受賞しました