Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のみずほが5億5000万ドルのグリーンヒル契約で米国の銀行事業に進出

日本のみずほが5億5000万ドルのグリーンヒル契約で米国の銀行事業に進出

5月22日(ロイター) – みずほフィナンシャルグループ(8411.T)は、米国の合併・買収顧問会社グリーンヒル・アンド・カンパニー(GHL.N)を買収し、日本の第3位の金融業者が世界最大手の株式取得を加速させる。投資銀行。 料金プール。

両社は月曜の共同声明で、みずほがグリーンヒルの一株当たり現金で15ドルを支払うと発表しており、これは引受債務を含む約5億5000万ドルの企業価値を反映しているとしている。

この発表を受け、グリーンヒル株は取引開始から数時間で2倍以上の14.68ドルに上昇した。

みずほは、2015年にロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの北米法人ローンポートフォリオを買収して以来、米国での債券引受能力を強化しており、M&Aアドバイザリーと株式引受をさらなる成長の目標分野として残している。

昨年、同社はテキサスに本拠を置く未公開株式紹介エージェントであるキャップストーン・パートナーズを買収した。

日本の大手銀行の中で、みずほ銀行の最大のライバルである三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)は4月、米投資銀行ジェフリーズ・フィナンシャル・グループ(JEF.N)への出資比率を4.5%から最大15%に引き上げると発表した。 %。

声明によると、グリーンヒルの事業はバンキング・イン・ジ・アメリカズ社長のマイケル・カッツ氏が率いるみずほの銀行部門内に置かれるという。

同氏は、グリーンヒルの会長兼最高経営責任者(CEO)のスコット・L・ブック氏が合併・買収および再編アドバイザリー事業の社長に就任すると付け加えた。

昨年、証券会社みずほの浜本吉郎最高経営責任者(CEO)はロイターに対し、同グループには米国で「さらなる成長の余地がある」とし、買収も検討している選択肢であると語った。

バンガロールのジャイバー・シン・シェクワット氏による追加報告。 ラシュミ・アイシュ編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ニュースナビゲーター:「ワクチンパスポート」とは何ですか?また、どの国が日本パスポートを受け入れますか?