Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のアニメ映画『オバケ猫アンズ』の面白い初予告映像。

日本のアニメ映画『オバケ猫アンズ』の面白い初予告映像。

日本のアニメ映画『オバケ猫アンズ』の面白い初予告映像。

アレックス・ビリントン著
2024 年 2 月 25 日
ソース: ユーチューブ

「夏は一生に一度です。」 GKidsが日本のアニメ映画の初のティーザーを公開した。 化け猫エンツォこの作品は、進行中のプロジェクトとして昨年の 2023 アヌシー映画祭で初公開されました。 現在完成しており、この夏日本でデビューする準備が整っています。 実写映画も多い山下敦弘監督による2Dアニメーション映画です。 日本映画の巨匠・山下敦弘×アニメ界の新星・今野ゆう子×世界的アーティスト・森山未來が“化け猫”を生み出す! このアニメは、日本の田舎で僧侶の祖父と一緒に暮らすために送られた気の強い女の子、カリンと、彼女の守護者である予測不可能なキメラ猫、アンズの間で共有される面白い友情を中心に展開します。 森山未來 アンズというタイトルの響き、 後藤ノア カレンさんの声。 二人ともキャラクターをライブで演じ、セリフや動きが最終ショットに反映されるため、アニメーターの参考になりました。 これはとても楽しそうですね! 多くの映像を使わずに、簡単なティーザーを紹介します。しかし、私はすでに十分に興味を持っています。

久野と山下の最初のティーザーはこちら 化け猫エンツォ、GKidsから直接 ユーチューブ:

幽霊猫エンツォの映画

幽霊猫エンツォの映画

11歳のカレンは、日本の田舎の小さな町で僧侶である祖父の家に父親に預けられている。 彼女の祖父は、陽気で親切だが少々気難しい化け猫のエンツォに彼女の世話を頼んでいる。 この 2 つの強力な個性の出会いは、少なくとも最初は火花を引き起こします… 化け猫エンツォ、元々は日本語で化け猫あんずちゃんとして知られ、2人の日本人監督が共同監督しました。 河野裕子 (キャラクターデザイナー / 絵コンテ / 『宝石の国』シリーズ監督) & 山下敦弘 (多くの映画の監督 ブラーリー・ライフ、ノーバディズ・シップ、ランブラーズ、レモン・クリーム、リンダ・リンダ・リンダ、松ヶ根銃撃事件、村のそよ風、マイ・バック・ページ、トイレ・トレイン、御園の世界、オーバー・ザ・フェンス、私のおじさん、山田孝之、ハードコア、 1秒先も1秒後もカラオケ始めましょう!他にもたくさんのシリーズがあります)。 脚本はいまおかしんじ。 いましろたかしの漫画を原作とした作品。 シンエイアニメーション(日本)とMiyu Productions(フランス)が制作。 この映画は日本で初公開されます 2024年7月 東宝アニメーションより今夏公開予定。 GKids の映画が次に公開されます 化け猫エンツォ その後、米国の一部の劇場で上映される 2024年 – 最新情報をお待ちください。

関与した

さらに投稿を探す: アニメ、洋画、観る、広告

READ  アニメ映画祭は 2023 年に宮崎監督の最新映画を上映します