Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のイオンは手頃な価格の製品の専門知識を得るために100円シリーズを購入します

東京—巨大なスーパーマーケットの名を冠した日本の小売業者であるイオンは、苦戦している市場セグメントでの経験を積むために、100円のCanDoチェーンを買収しようとしています。

全国に約1,140店舗を展開するCanDoは、キッチンや事務用品からトイレタリーや食品まで、日本で3番目に大きなディスカウントチェーンで、1個100円の定価で販売しています。 主要鉄道駅の近くには多くのお店があり、有名人の商品が多いです。 2020年11月期の売上高は730億円(643百万ドル)。

このチェーンは、モールや雑貨店を運営するイオンに、新たな収入源を開拓するためのツールを提供します。 同社は、パンデミックの際にアパレルや家庭関連商品の販売が減速していることを認識しており、新たな収益源の育成を目指しています。 ある幹部は、同社は低価格の商品を増やしようとしたが、「ノウハウが不足しているため、残念な結果になった」と語った。

Can Doの開発機能により、イオンは手頃な価格の製品のラインナップを拡大しようとしています。 100円シリーズは、イオングループのモールや店舗にも出店し、イオンの流通ネットワークを活用して、製品開発のためのコストや顧客データを削減します。

しかし、CanDoは独自の課題に直面しています。 パンデミックの影響で足の交通量が減少したため、同社は木曜日に2021年の予測を引き下げ、今年度のグループの純利益は3億円に減少すると予想しています。これは、以前の予測よりも約1億6000万円少なくなります。

プラスチックなどの原材料価格は上昇傾向にあり、東南アジアや中国などの生産拠点の製造コストは経済成長により高騰しています。 最低賃金の引き上げにより、在宅の人件費も上昇している。 海上運賃の上昇は利益率に圧力を加えました。 小売業者が初期段階でどのような相乗効果を得ることができるかは不明です。

現在同社の株式を所有していないイオンは、2回の入札と創業家からの直接株式取得を通じて51%の支配権を獲得したいと考えている。 Can Doは、東京証券取引所第1部に上場され続ける予定です。

最初の入札は金曜日から11月24日まで1株あたり2,700円(木曜日のCan Doの終値より45%高い)で最大37.18%の株式で行われます。

イオンは12月27日に1株2300円で行われる2回目の入札が終了するまでに、200億円強(約176百万ドル)で51%を保有することを目指している。

広報担当者の言葉を借りれば、「株式市場の公平性を確保するために設計された」第2ラウンドの価格が下がったとしても、予想よりも多くの株式が変動する可能性があり、CanDo株式が上場基準を失う可能性があります。 この場合、イオンはターゲットを上場し続けるためにいくつかの株式をオフロードします。

城戸一弥社長は、同社がイオンの子会社になった後も在任し、さらに数人の従業員を派遣してCanDoのマネージャーになる可能性がある。

READ  毎日の更新:2021年6月10日