Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のインペックスは石油価格の上昇で年間利益率を上げる

(「シェルリコールステートメント」(「リコール」ではない)、段落10を読み取り、受信トレイの見積もりを調整します。

大林組

東京:日本最大の石油・ガス探査会社であるインペックス社は、2022年の純利益を20%引き上げて過去最高の3,000億円(23億ドル)にした。

同社は、ブレント原油価格の見積もりを1バレル75ドルから85ドルに、対ドル円を110円から120円に修正し、2月の見積もり2500億円から年間純利益の見積もりを引き上げた。

デイジー・ヤマダマネージングディレクターは記者会見で、「石油と液化天然ガス(LNG)の売上高の増加は、石油価格と円の下落の中で高い利益率に貢献した」と語った。

同氏は、「修正された見通しは、石油価格と外国為替の保守的な仮定に基づいている」と付け加え、最新の石油価格が1バレル104ドル、円が130ドルのままであれば、逆転の可能性を示唆している。

1〜3四半期の純利益は146%増の940億9000万円。

山田氏によると、インペックスはサハリン1石油プロジェクトとロシアのイルクーツクにある別の石油プロジェクトに出資しているが、ロシアの石油会社のGDPの1%しかなく、ロシアのプロジェクトのいずれかが中断された場合の影響は限定的だという。

ロシアとウクライナの紛争が深刻化する中、計画に対する立場について尋ねられたインボックスは、日本政府を含む同盟国に従って行動すると述べた。

インペックスはオーストラリアのイクティスプロジェクトでLNGの年間生産量を890万トンから2024年までに930万トンに増やす計画であるが、世界的な流通の逼迫に対応してすぐに増やすことは難しいと山田氏は語った。

インペックスは、インドネシアでのアバディLNGプロジェクトの最終投資決定をこの10年の後半に行い、来年初めに生産を開始することを望んでいると彼は述べた。

「シェルの撤退と脱炭素化の傾向の高まりが報告された後、計画を再検討する必要がありました。

($ 1 = 129.9900円)

READ  日本の勘定系ソリューション市場、2022年から2027年のカテゴリー、展開システム、企業規模、エンドユーザー、競争力のある分析