Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のウイスキーのルールはこの業界にとって何を意味しますか?

日本のウイスキーのルールはこの業界にとって何を意味しますか?

一部の日本のウイスキーの生産を管理する新たな規制は、消費者に製品に対する信頼をさらに与える可能性がある。

ジャパニーズウイスキー
2021年2月にジャパニーズウイスキー規制が施行されました

※この特集は雑誌2024年1月号に掲載されたものです。 精霊の作品 雑誌。

今は日本のウイスキーにとって良い時期だ。その最初の蒸留所である山崎サントリーは昨年、響21や山崎12などの製品を瓶詰めして創立100周年を祝った。

山崎蒸留所山崎蒸留所
山崎蒸留所

同社は、山崎と白州に100億円(7,700万米ドル)の投資を発表し、これには両工場でのビジターセンターの開発と床面発酵の設置が含まれる。 彼女の映画を監督したソフィア・コッポラ監督による素晴らしい映画的賛辞もありました。 ロストイントランスレーション この映画が 2003 年に公開されたとき、日本の魅力を西洋に加えるために多くの努力が払われました。

それ以来、日本のウイスキーは成長を続けており、キリンホールディングスのブランドディレクターである原田隆氏によると、輸出は過去10年間で1,400%増加しており、フジブランドは4年前にフランスで海外デビューした。 9月にはペルノ・リカールが欧州13市場での販売を引き継ぎ、これはキリンの純売上高を2022年の270万米ドルから2030年までに10倍に増やすという目標達成にある程度貢献することになる。

大幅な増加

日本の国税庁は、2022年のウイスキー輸出額を560億円(3億9,400万ポンド)と推定し、最も多いのは中国の196億円、次いで米国の109億円、フランスの50億円となっている。 これは2018年の出荷額150億円に比べれば大幅な増加だが、依然として生産量に占める輸出の割合は10%にも満たない。 「蒸留所の成長と並行して、ジャパニーズウイスキーの需要も高まっています」と新小室蒸溜所のマスターブレンダー、イアン・チャン氏は語る。 「しかし、シングルモルトウイスキーが100%日本製であるかどうかの信頼性については、さらなる精査と規制が必要です。」

同氏はさらに、「将来に目を向けると、日本のウイスキー市場の健全性と競争力は、生産方法を管理する厳格な規制の確立にかかっている。これにより、長期的な成功に不可欠な品質と信頼性が確保されるだろう。」と述べた。 2021年2月、メーカー協会が発表 日本スピリッツ・リキュール協会(JSLMA)は、日本のウイスキーが100%日本で蒸留、熟成、瓶詰めされなければならないなど、スコッチウイスキーと同様の一連の規則を定めています。

「これは非常にデリケートな話題です」とハトザキ​​などのウイスキーを展開するマルシャ・ビバレッジ社のブランドディレクター、マルク・トルティエット氏は言う。 「2024年4月に施行される規制は業界団体の規制である。これは完全な法律ではない。これはすべてのプレーヤーに適用されるものではなく、JSLMAのメンバーにのみ適用される。我々はその一員であり、強く支持する。」それは、ルールによってやがて透明性が高まるからです。

この規則が発表されたとき、メディア、特に業界紙は一週間にわたって大騒ぎになり、すべての日本のウイスキーが見た目通り、あるいは主張されている通りではないことが明らかになった。 しかし、飲酒者がどれだけ気にするかについては議論の余地がある。 ウイスキー ライブ パリのようなイベントでは、「ウイスキーについて質問する消費者は 1% 未満です」とトルテラット氏は言います。

新しい規制

日本の瓶詰めラインの迅速な再構築により奇跡的に「日本産」となったカナディアンウイスキーやスコッチウイスキーの大量輸入は、サントリーやニッカを筆頭とする大手企業が新たな規制に署名したにもかかわらず、消えることはない。 サントリーの広報担当者は「当社が世界に輸出するすべての日本のウイスキー製品がすでに新しい基準を満たしていることを誇りに思う」と述べた。

一方、ニッカのウェブサイトは、バレルズ・ニッカ・デイズとニッカが「JSLMAが定める『ジャパニーズ・ウイスキー』の基準をすべて満たしていない」ことを認めており、この基準は非常に透明性が高いが、やはりスコッチ、アイリッシュ、アメリカン・ウイスキーは含まれていない。 )私はそのような告白をしなければならなかったことがあります。

深野千鶴、深野産、インペックス・ビバレッジ・カンパニーにより米国に輸入深野千鶴、深野産、インペックス・ビバレッジ・カンパニーにより米国に輸入
深野千鶴、深野産、インペックス・ビバレッジ・カンパニーにより米国に輸入

「明らかに、彼らは他国の蒸留酒を多くブレンドしたものに真の喜びを見出しています。なぜなら、日本で完全に蒸留したものよりもはるかに安価で販売できるからです」と、インペックス・ビバレッジ社副社長のクリス・オディア氏は言う。輸入元はサンフランシスコ。 深野、博多、生子。 麹ウイスキーと呼ばれるこれらは、白米やハトムギを蒸留し、日本酒や醤油に使用されるのと同じカビである麹と混合されます。 これらは、米国での検査に合格したにもかかわらず、JSLMA の「ウイスキー」の定義から外れており、おそらくすべての日本のウイスキーの中で最も特徴的なものです。 彼らは米国で特別な地位を占めており、ウーデ氏はサントリーのベストセラー「トキ」ブランドとは対照的に、彼らを「地下クラブで演奏するパンク・ロック・バンド」に例えている。 「バーに行けば、必ずトゥキのボトルを手に入れることができます」と彼は言います。 「ジェムソンジャパニーズウイスキーです。」

広報担当者によると、日本ではサントリーが2022年までの10年間で保管能力を160%増加させた。 また、価格を引き上げることで需要を抑制しました。 米国ではヤマザキ12の価格がわずか数年で40ドルから160ドルに跳ね上がったとウーデ氏は言い、米国で成功を収めたいすべての新しい日本ブランドに警告を発している。 「人々は米国を約束の地のように見ていますが、現実には、本物のブランドを持っていない限り、50ドルのマークを超えた瞬間に売上が大幅に減少します」と彼は言います。 「アメリカの消費者にとって、日本産の3年物のシングルモルトに150ドルを支払うという考えに耐えるのは難しいでしょう。」

英国では「供給制約は確実に緩和された」とニカの輸入会社スペシャルティ・ブランド社マネージング・ディレクターのクリス・セール氏は言う。 「すべてのレンジのうち、ニッカ日を除いて、依然として割り当てを受けていますが、より大きな割り当てを得ています。」 需要は「依然として非常に強い」ものの、同ブランドは、ウェイトローズのニッカデイズの45ポンドから、独立系小売店や5つ星ホテル向けのボトル1本300ポンドまで、幅広い価格帯から恩恵を受けていると同氏は考えている。 そして2023年、「7、8年ぶりにニカの年齢発表をすることができました。10歳の裕一です」と語る。 明らかに、ブランドオーナーはより多くの在庫を配置していました。

中国の台頭

パンデミック以前、フランスは第2位の海外市場だったが、中国の急速な台頭によって第3位に押し上げられ、2022年の輸出額の3分の1を占める割合はわずか4年で8%から8%に増加した。 「フランス人は日本が大好きです」とフランスに本拠を置くオンライン小売業者ウイスキのニコラ・ロイ氏は説明する。 「しかし、日本のウイスキーが非常に高価になったため、人々は今、日本酒や梅酒に目を向けています。」

ほんの 10 年前、フランスではその精神がなかなか浸透しなかったことを彼は思い出します。 「当初、ラ・メゾン・デュ・ウイスキーは軽井沢を売ることができませんでした。興味はありませんでした」と彼は、2001 年に閉鎖された伝説的な蒸留所について語ります。

現在、世界で最も収集されているジャパニーズウイスキーですが、昨年本格的に生産を開始した新しい軽井沢蒸留所によってその名が復活しました。 同ブランドは「伝説の復活」を掲げ、限りなくオリジナルに近いウイスキーづくりを目指している。 特別な樽はパートナーであるデカンタを通じて販売されますが、少なくとも 10 年間は瓶詰めされません。 Dekantā の COO、リアム・ヘラー氏は、このカテゴリー全体について次のように述べています。「需要は依然として非常に高く、多くの新しい蒸留所が出現していますが、それらは必ずしも国際市場にサービスを提供する能力を備えているわけではありません。そして、それは比較的近いうちに起こるでしょう。」消費者の選択肢が増えるスコッチウイスキーのシーンに近いものになるだろう。」

「市場は分裂するだろう」とトルテラット氏も同意する。「これまではサントリーとニッカが優勢だったが、彼らに挑戦する新たなプレーヤーが現れると確信しており、消費者の要求はより厳しくなるだろう。数年前までは、市場は主にそのようなものであった。同氏はまた、「このカテゴリーの成長が2、3年前に予想されていたよりも遅い」こともあり、米国では供給の緊張が緩和されつつあると述べ、「供給は依然として本来あるべき水準からは程遠い」と述べた。市場のためにあるべきだ」とインターナショナル氏は言う。 品不足が発生すると、サントリーとニッカはすぐに増産したが、まだそこまでには至っていない。」

最もエキサイティングな新規参入企業の 1 つは、軽井沢蒸留所 (関係はありません) が所有するコムロで、元台湾企業カバランのイアン・チャン氏は次のように述べています。これは業界の活力の証であるが、適者生存を浮き彫りにするものでもあり、時間の経過とともに、どの蒸留所が生き残るだけでなく、品質と持続可能性に基づいて繁栄するかがわかるだろう コモロは、より若い熟成年代のウイスキーをリリースする予定である2026年には廃止されるが、最終的には12歳以上の者が引き継ぐことになる。

日本のシングルモルトの希少性と高価格は、ハイボールで飲まれる日本での若いウイスキーの需要に応えるため、蒸留所が十分な在庫を持たなかったためである。 ハイボールマシンやエンドレスRTDマシンで販売されるサントリー角瓶の4リットルジョッキから、美しい彫刻が施されたアイスボールを添えて最高級のウイスキーバーで提供されるグルメハイボールまで、依然として巨大な市場である。 サントリーによると、2021年に日本で日本で販売されたウイスキーは1,780万ケースで、2008年の820万ケースから増加したが、1983年のピークだった4,230万ケースを大幅に下回っている。国内外の需要に合わせるのは難しく、莫大な金額にもかかわらず消費者のロイヤルティを維持することも難しいだろう。プレッシャー。 特別価格。 しかし、日本のウイスキーがそれを実現できれば、好調な時代はまだまだ続きそうだ。


日本のウイスキー人気が高まる中、将来に向けてどのように準備していますか?

ダニエル・ホアイ・グエン – ソンカイ蒸留所の創設者/CEO
「日本のウイスキーの人気の高まりは、消費者がさまざまなメーカーのレンズを通してウイスキーがどのように見えるかを知りたがっているという、『新しいウイスキーの世界』の他の地域の私たちにとって前向きで刺激的な兆候です。私たちSôngにとっても。」カイ蒸留所、私たちは間もなく次の質問に答えるウイスキーをリリースします。ベトナムの蒸留所が 100 年前に、利用可能な技術、地形、材料を使ってウイスキーを製造していたとしたら、それはどのようなものになるでしょうか?

Sardar Bala – ヨシノ スピリッツ、グローバル セールス ディレクター
「スコッチウイスキーとアメリカンウイスキーが優勢な市場でジャパニーズウイスキーが注目を集めているため、これらのブランドは日本の豊かな伝統を取り入れ、伝統的な手法から脱却し、革新的な生産技術と熟成技術を提供することが極めて重要です。スタイル この変革は単なる物語ではなく、本質的な日本らしさを備えたユニークな体験とスタイルを作り上げることが、この戦略の一環として、日本産ウイスキーの人気の高まりと独自の地位を維持するための鍵となります。神木ウイスキーでは仕上げに杉材を使用し、梅木ウイスキーでは切創を防ぐために脱塩海水を使用しており、イノベーションと水の持続可能性への取り組みを示しています。

日本のウイスキーに対してどのような投資を行っていますか?

Marc Tortierat – マルシャ ビバレッジ社 (カイキオ蒸留所) マーケティング ディレクター
「過去 4 年間、海峡蒸留所と鳩崎ウイスキーは、流通の進歩、優れた評判、受賞、PR やソーシャル メディアでのブランド価値の向上によって大きな発展を遂げてきました。

同氏はさらに、「今後 5 年間で同様の成長が見込まれるため、戦略的な対応として、能力の向上を目的として 2023 年 5 月に 2 番目の拠点に投資することを決定しました。

「現時点では、ダイナミックな性質とマルシア飲料の確立された流通ネットワークを考慮して、当社は米国、フランス、および一部のヨーロッパ市場に主に焦点を当てています。当然、今後強化されていくであろう当社の本拠地である日本についても考えています。来年は販売体制を整備していきます。

READ  ソルチップが日本郵政公社との革新的なイニシアチブを発表