Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のウイルス対応責任者が東京での新たな緊急事態を示唆

コロナウイルスに対する政府の対応を率いる西村康稔経済活性化相は、COVID-19感染の再発の兆候が見られる東京や他の地域で、将来の感染レベルに応じて、別の緊急事態が宣言される可能性があることを示唆した。

西村氏はテレビ番組で、「必要に応じて、非常事態宣言を躊躇せず、現在半緊急事態にある地域について柔軟に宣言すべきだ」と述べた。

東京と他の6都道府県は現在非常事態宣言にあり、県知事は緊急宣言と同様の制限を課すことができますが、それほど厳しくはありません。

東京の感染状況について、西村氏は、首都での症例数の増加が顕著になり、中央政府は専門家や都政府と協力して、警戒心を持って進展を分析していると述べた。

西村氏は、高齢者の感染は減少していると述べたが、若い年齢層の傾向は逆であると述べた。

「20代から30代の活動的な人々の間でウイルスの拡散をどのように封じ込めるかが問題になっている」と彼は言った。

「現時点でウイルスの拡散を抑えるには、強力な対策が必要です」と彼は付け加えました。 「レストランに再びアルコールの提供をやめるように頼むなどのステップを検討する必要があります。」

東京は日曜日に386件のCOVID-19の新規症例を確認しました。これは1週間前に報告された376件からわずかに増加しています。

最近の感染の急増に対する懸念が高まり、コロナウイルスの緊急事態がわずか1週間前に解除された後、このニュースは前向きな兆候でした。 土曜日の間に、首都はケースの数の100週ごとの増加の3日連続を見ました。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本では、キャリアがすでに提供している