Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のウェールズへの投資50周年を記念

2022 年 12 月 14 日、在英国日本国大使の林肇とウェールズ首相のマーク・ドレイクフォード MS は、日本とウェールズの経済関係の 50 周年を記念するレセプションをロンドンの日本大使館で開催します。

日本のウェールズへの最初の大規模な投資は、1972 年にタギロン (現在のタギロン CI) で始まりました。

ウェールズには現在、カルビー、ジェイテクト、パナソニック、正田ソース、ソニー、トヨタ、ユアサ電池など 60 以上の日系企業があり、7,500 人以上を雇用しています。

日本は現在、ウェールズにとって 2 番目に大きな対内投資ドナーです。

日本へのウェールズの輸出額は、2021 年には 1 億 9,490 万ポンドに達する可能性があります。 これは 2020 年より 5.1% 低く、13 番目に大きな輸出市場です。

減少の一部は流行に起因する可能性がありますが、最近の統計では回復の有望な兆候が示されています。 2022 年の最初の 2 四半期。 日本へのウェールズの輸出は、2021年の対応する四半期と比較して増加しています。

ウェールズの日本への輸出品には、ウェールズの子羊、アングルシー海塩、カーマーゼンハム、コンウィムール貝、ペンブロークシャーのアーリー ポテト、伝統的なウェールズのケルフィリー チーズ、伝統的なウェールズのサイダー、海苔パン、ウェールズの牛肉、ウェールズのワイン、ウェールズのボトル入り飲料水、ウィスキーなどがあります。 .

2019年ラグビーワールドカップのために53,000人以上のウェールズファンが日本を訪れました。 多くの日本人がウェールズ代表チームを支援し、敬意と支持のしるしとしてウェールズ国歌とカラン・ランを歌うことを学びました。

桜の桜プロジェクトの一環として、日本の人々からウェールズの人々への友好の象徴として、過去2年間で1,000本の桜の木がウェールズ中に植えられました。 木は、未来の世代が支え、楽しむことができる友情の強力なシンボルです。

レセプションに出席する人々の中には、特別に招待された日本人とウェールズ人のゲストのために歌を歌うBoys Allotのメンバーも含まれます。

READ  予報士は、日本の桜の伝統が平年を上回ると予測している