Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のウクライナのオペラ歌手がメロディーで平和を祈る

東京-ウクライナの歌には言葉がありません。

「まるで、すでに天国にいる人々のメロディーで泣いているようだ」と彼女は言った。

20年間日本で歌っているステパニウクは、彼女の最後の一連のコンサートを平和に捧げます。

「音楽には限界がありません。言葉を言う必要はありません。音楽はこの世界を救うでしょう」と、東京の住友生命いずみホールの舞台裏で最近ステパニウクは言いました。

ピョートル・チャイコフスキー国立ウクライナ音楽アカデミーを卒業し、正式に「ウクライナの価値ある芸術家」と呼ばれるステパニウクは、おそらく日本で最も有名なウクライナ人です。

「私の声は神からの贈り物だと思います。ステージでは、私が持っているすべての才能、声、魂、心を観客に還元しなければならないと感じています。音楽を通して、彼らは私が何を感じているかを感じることができます。感じます」とStepaniukは言いました。

日本はウクライナの残虐行為から遠く離れていると感じています。 2か月前のロシアの侵略以来、戦争によって追放された約400人のウクライナ人を受け入れています。

それ以前は、日本に住むウクライナ人の数は約1,800人であり、そのうちのほんの一握りが芸術家であり、そこに住む53,000人を超えるアメリカ人のほんの一部でした。

すべてのコンサートで、Stepaniukは、非常に機敏で柔軟な声の一種である叙情的な色のソプラノとして、大音量でクリアで数オクターブの高さのウクライナの精神をもたらします。

スコリクが演じた作曲はウクライナにとって非常に特徴的であるため、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領が先月米国議会にビデオメッセージを配信したときにオーケストラの役割を果たしました。

プッチーニの歌「オーマイラブパパ」の素晴らしい演奏を歌うことに加えて、ステパニウクは、ウクレレとバンジョーを一緒に似たウクライナの楽器である63弦のパンドラを演奏します。

彼女がウクライナの国歌を歌ったとき、オレクサンドル・セメニュク大臣と他の2人の大使館職員が両手を心に抱いて最前列に立った。

私たちは平和な国です。 彼女は、ウクライナ人であることを誇りに思ったことは一度もないと強調しました。

ステパニウクは後に、フランコ・ゼフィレッリ監督の1968年の映画「ロミオとジュリエット」のニーノ・ロータの「愛のテーマ」のデュエットで、日本のテノールの秋川雅史が加わった。

「このコンサートを楽しむことは平和につながる」と秋川はステージで語った。

平和の力は、広島や長崎への原爆投下など、第二次世界大戦で荒廃した日本にあります。 当然のことながら、日本人はウクライナに対して多くの共感を示しています。

コンサート終了後、引退した伊藤明子先生は、文字通り無力であることに気づき、言葉を窒息させていた。

「私にできることは祈ることだけです。しかし、私は心の底から、私たちのすべての考えがここに収束し、ウクライナに移りたいと思ったのです。

ステパニウクは、20代にイタリアで仕事を提供されたため、ほとんど偶然に日本に住むことになりました。 しかし、彼女は日本で働くことを選び、首相の前でオペラやコンサートに出演し、すぐに成功を収めました。 彼女はかつて賞品を獲得していました。 今、彼女は大会を支配しています。 パラメータとしても必要です。

22年前に彼が歌うのを聞いてちょうど3日後に提案した彼女のウクライナの夫は、常に彼女のそばに立っています。 彼女は笑顔で、彼が後で彼女に与えた金の腕時計がまだ正しい時間を教えてくれたと言いました。

13歳と6歳の2人の子供は日本の学校に通っていて、これまでのところ、歌うよりも空手に興味があります。 彼女の好きな日本食は寿司とうなぎ、またはウナギで、オペラ歌手が必要とするすべてのスタミナを与えることを誓っています。

しかし、彼女はまだウクライナの両親と妹のことを心配しています。 彼らは毎日話します。 彼女は彼女の両親がウクライナに深く忠実であり続けると言いました。

彼女は母親が「勝利を待っています。それならシャンパンを飲みに来てください」と言っていると言います。

式典に出席した久保田宏氏は、ウクライナを支援するために黄色いシャツと青いジャケットを着て、感動したと語った。

「私は、祈りと歌で起こっていることの恐怖に対処しようとする彼女の使命をはっきりと感じました」と彼は言いました。

———

Twitterの影山ゆり:https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本とミャンマーをつなぐ映画