Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のウクライナの写真家が平和を訴えた

日本のウクライナ人写真家は、戦争で荒廃した故郷の窮状について、日本の家族を撮影しながら彼の見解を共有しています。

ユリア・ムルサは、ロシアがウクライナを侵略する前の2月に、キエフから娘と一緒に東京に住むためにやって来ました。 彼女の夫は日本で働いています。

彼はいつも両親の写真を持っています。 彼女は彼らや自分の国に住む他の人々のことを気にかけています。

彼は、「多くの民間人、多くの子供たちがロシアの野蛮人によって負傷し、殺された」と述べた。

ムルサは以前写真家として働いていたので、日本人の中には家族の写真を撮るように頼んだ人もいました。

これらのセッション中に、彼女はウクライナの状況について彼らに話し、平和を訴えるというアイデアを思いつきました。

彼女は、家族が美しい公園で静かにおしゃべりをしているときの反対のことを説明しました。

「ウクライナでは、空爆警告サイレンが鳴り、人々が殺されている」と彼は言った。 彼女の言葉は危機を彼らに近づけた。

一人の女性、ムルサは、「それは遠くのヨーロッパの国では起こらなかったが、私たちに最も近い人々に何が起こったのかを感じることができた」と述べた。

マーサ氏は、クライアントが平和のしるしとして家族の写真を保管してくれることを望んでいると語った。

彼はセッションからの彼の料金をウクライナの人道援助グループに寄付します。

READ  日本、他の国々はカブールの外交使節団を更新したい-ロシアの政治と外交