Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のウクライナへの防衛資料の送付は曖昧な地域と見られている

日本のウクライナへの防衛資料の送付は曖昧な地域と見られている

ウクライナがロシアの侵略に対応して日本に援助を要請したとき、国防省は迅速な行動をとった。

3月中旬に、フレークジャケット、ヘルメット、テント、非常食、医薬品、その他の物資を送りました。 また、4月上旬には、化学兵器やドローンに対する保護マスクやスーツを送付しました。

政府は、そのような装備を提供するための基礎として自衛隊法を適用した。

武器以外の廃棄物は開発途上国に輸送できると法律で定められているため、最新の個人購入のフレークジャケットとドローンはすべて「陳腐化した商品」と見なされて出荷されます。

ただし、自衛隊の補給品には、海外への持ち出しが許可されていない防御装備が含まれ、ドローンは制限が免除されていますが、攻撃に使用できます。

一度ブロックされた防御アイテムをエクスポートする

2014年、政府は特定の条件が満たされた場合に防衛機器の輸出を許可することに同意しましたが、ある専門家は、それらの解釈は不合理であると述べています。

もともと、日本では武器や関連技術の海外への輸出は原則として禁止されていました。

しかし、当時の安倍晋三首相の政権は、2014年の閣議で防衛機器と技術の移転に関する3つの原則を採択し、特定の条件下で武器の輸出を許可した。

新しい原則は当初、増え続ける防衛機器のコストを削減することを目的としていました。

それまで、日本の防衛装備品の輸出は禁止されていました。 大規模な供給業者はそれらを大量生産することができず、それが単価を押し上げ、国防予算に財政的負担をかけた。

日本はまた、加盟国が資金を調達し、独自の技術を持ち込んだ国際共同開発プロジェクトから除外されており、防衛機器を独自に開発するための開発コストが増加しています。

この状況を改善するために、政府は国際協力を促進するという旗印の下で3つの新しい原則を考案しました。

その年、地対空ミサイルの一部は、新しい規則の下で初めて米国への輸出が承認されました。

日本はまた、「技術」を海外に輸出するという名目で、英国との空対空ミサイルに関する共同研究プログラムを開始することを決定した。

翌年の2015年、政府は、イージスを搭載した船舶に使用されるディスプレイシステムのソフトウェアと部品を、システムの共同制作を目的として米国に輸出することを決定しました。

しかし、近年、新しい規則の目的はコストの削減に限定されていません。

2017年、日本は海上自衛隊がパイロットをフィリピンに向けて訓練するために以前使用していた航空機を有料でリースしました。

しかし、東京は後に財政法を改正し、自衛隊が航空機の所有権をマニラに譲渡するための例外規則を追加した。

日本はまた、2019年にフィリピンにヘリコプターの部品を寄贈しました。

これらのショーは、北京が島々を軍事化しているので、南シナ海で中国を抑制し続けるためのフィリピンの警告と監視能力を強化することを目的としています。

三菱電器は2020年にフィリピン政府と防空システムの輸出契約を締結した。 この動きは、日本の防衛産業の発展も目的としています。

戦争地帯に送られた装備

しかし、以前の場合とは異なり、日本は現在、2つの国が互いに戦争をしている場所に機器を提供しています。

「紛争の当事者」の国への防衛装備と技術の移転は、3つの新しい原則の下では許可されていません。

しかし、原則はこれらの国々を「武力攻撃の場合に国際の平和と安全を維持または回復するために国連安全保障理事会が行動を起こすもの」と定義しています。

政府は、朝鮮戦争時の北朝鮮と湾岸戦争時のイラクにしか適用できなかったため、ウクライナに装備を提供できると結論付けた。

また、新原則により輸出が禁止されている防衛設備については、外国為替・外国貿易法に基づく輸出貿易管理令に添付されたリストに詳細が記載されています。

後者の場合、防弾チョッキ、マスク、防護服のみが新しい原則の下で制限されていました。

原則に適用されず、精査も免除されているドローンについては、ロシア軍の位置を調査し、敵を攻撃するための情報をウクライナ軍に提供するために、ウクライナの民間人によって運用されていると考えられています。

すでにウクライナに供給されているフラックジャケットなどについては、自衛隊幹部は、日本が致死性の高い兵器を輸出するのであれば、国民の理解を得ることができないと述べた。

さらに、当局者は、ウクライナに送られた機器は、自衛隊が提供できる範囲内であると述べた。

しかし、一部の国防総省当局者は、ドローンの提供について懸念を表明しています。 彼らは、それは従来の形式とは非常に異なるサポートの形式であり、以前のポリシーと矛盾する可能性があると述べました。

軍事評論家の前田哲夫氏は、防衛装備と技術移転の3つの原則を考えれば許容できると述べ、防衛装備の提供について理解を表明した。

しかし、彼はドローンが攻撃に使用される可能性があると述べ、「ウクライナは戦争の明確な当事者であり、政府の説明は決して不合理である」と付け加えた。

「結局のところ、武器輸出をどれだけ拡大したいかを決めるのは政府次第だ。この機会をつかむためには、武器についてどう思うかについての議論を深める必要がある」と彼は続けた。

READ  ソニーがPSPlus用の新しいPSストアクレジットバウチャーを発売