Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のエンターテインメントモデルに倣えとアニメ専門家が語る

日本のエンターテインメントモデルに倣えとアニメ専門家が語る

ジャマイカのコスプレイヤー、ミカエラ・「ミン」・レジェンド(左)とレア・「シルバー・N3CO」・ランビール(右)が、ウェスト大学カリマックでハリウッドデジタル大学デジタルコミュニケーション学部学部長兼教授の高橋光輝博士と写真を共有インド、モナキャンパス、3 月 2 日土曜日 ロリー・デイリー

ハリウッドデジタル大学デジタルコミュニケーション学部の学部長兼教授である高橋光輝博士は、ジャマイカのシーケンシャルアートとアニメーションのクリエイターが世界の舞台で得られる素晴らしい文化的および経済的機会を掴むことを望んでいます。

高橋博士のコメントは、3月2日土曜日に西インド諸島大学(UWI)で日本大使館とカリビアン・メディア・コミュニケーション大学(CARIMAC)が行った、日本のアニメーションとコンテンツ制作をテーマにした講義で語られた。

このイベントは、モナの UWI の敷地内にある CARIMAC Annex 2 で開催されました。

「日本とカリブ海共同体(カリコム)とは過去60年間にわたり協力してきました。その結果、私の政府が私に声をかけてくれました。アニメは私たちの主要な輸出品の1つです。そして私はここでこのことを分かち合うことができて幸運です」これにはいくつかのチャンスがある」と高橋氏はニューヨーク・タイムズに語った。
ジャマイカ・オブザーバー 彼の通訳を通して。

教授は講義の中で、日本のコミック(漫画)や日本のアニメーション(アニメ)の人気だけでなく、国内の知的財産(IP)が世界舞台で持つ巨大な経済力についても語った。

「アメリカはナンバーワンのコンテンツクリエーターであり、日本はつい最近まで中国に抜かれるまでは2位でしたが、現在は3位です。」と彼は説明した。

デジタル出力に基づく現金規模では日本が第 3 位に浮上した可能性があるが、世界で最も収益の高い IP のうち 5 つは日本のもので、第 1 位はポケモンで、収益は 921 億 2,100 万ドルでした。 この国は年間 70 本以上のアニメーション映画を制作しており、2021 年は総額 186 億米ドルと業界最大となり、そのうち 85 億米ドルが海外からのものでした。 モバイル以外の面では、漫画市場は国内収益だけで 46 億米ドルを集めました。 同氏は、多くのアニメはマンガを原作としており、キャラクターが注目を集めて関心を集め、そのようなシリーズは視覚化、映画、シリーズ化の機が熟していると説明した。

高橋博士は続けて、世界のコンテンツ制作産業は2025年には1兆4000億米ドルに達すると予想されており、そのほんの一部であってもジャマイカのような国にとっては主要な収入源となるだろうと指摘した。

「日本のアニメやマンガがこれほど人気が​​ある理由の大きな部分はインターネットのおかげです。ここ数年、世界ではまだ見られていない作品がたくさんありました。インターネットの出現で今何が起こっているのか」高橋氏は「世界中にファンが増えているということです。作品についての情報交換をしましょう」と語った。

彼はカリマックの学生たちに、芸術への情熱を追求し、漫画やアニメーションを通じてジャマイカの経験を共有する貴重な独自の知的財産を開発し、単独でそれができない場合は可能な限り国際協力を追求するよう懇願した。

高橋博士は、同大学の学生の3分の1は海外、通常は近隣のアジア諸国からの学生であり、これらの学生の大多数は最終的にアニメ業界で働くために日本に残ることになると説明した。

しかし、自国の生産拡大に役立てるために学んだスキルを持ち帰って故郷に戻る人もいると同氏は付け加えた。

日本大使館は、ハリウッドデジタル大学などの機関が奨学金を提供しており、ジャマイカにも同様の機会を提供していると述べた。

READ  パラマウント プラスで今すぐ観るべき最高の映画 (2022 年 8 月)