Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のオリンパスが顕微鏡ユニットをベインに30億ドルで売却

日本のオリンパスが顕微鏡ユニットをベインに30億ドルで売却

山崎真紀子

東京 -オリンパス株式会社は月曜日、顕微鏡ユニットをプライベートエクイティ会社のベインキャピタルに4,276億円(31億ドル)で売却することに合意したと発表した。

工業用内視鏡とX線分析装置を製造する部門の売却は、オリンパスの事業部門の変革を加速させ、医療技術に専念するようにします。

この部門は、日本および海外の独占禁止法規制の承認を条件として、来年 1 月 4 日にベインに譲渡されます。

オリンパスは声明の中で、ベインへの移行により、市場のニーズに基づいたより機敏で柔軟な意思決定により、ビジネスが最善の利益のために成長できるようになると述べています。

ベインはカーライル・グループなどのグローバルな未公開株式投資会社を打ち負かした KKR & Co、直接の知識を持つ人々は言った。

プライベート エクイティは、世界第 3 位の経済大国である日本をターゲットにしています。日本では、コングロマリットがノンコア資産を蓄積しています。

Bain は、フラッシュ メモリ チップ メーカーの Gioxia Holdings Corp が所有しており、Toshiba Corp の 2 回目の入札に向けて進んでいます。

オリンパスは再編において、物言う投資家であるバリューアクト・キャピタルを取締役会に招き、海外の医療機器会社をいくつか買収し、デジタルカメラ事業を売却した。

2019年初頭にリストラを開始して以来、同社の株価はほぼ3倍になっています。

100年以上前に国内の顕微鏡メーカーとして創業したオリンパスは、黒字であったにも関わらず、売却の可能性を考えて4月にこの部門を閉鎖した。

今年度の営業利益は265億円、6月末の資産は1650億円を見込んでいる。

($1=138.7400円)

READ  花王ディンギュは中国初の長距離で金メダルを獲得し、日本チームの記録を樹立しました