Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のガーデンエキスポは環境保護を推進します

日本人は余暇に趣味でガーデニングを楽しんでいます。 最近、東京近郊で開催された「国際園芸博覧会」で最新の園芸製品が展示されました。 今年の展示会では、ガーデニングに使用される道具、庭を美しくするための最高の製品、さまざまな環境に優しい製品を紹介します。

庭に設置されたドームハウスで、オーナーが自分の空間をつくることができます。 ある出展者は、「在宅滞在時間が長くなるにつれ、ガーデニングをしたいという人も多く、園芸用品も豊富に取り揃えている。ピザ窯やテントの利用が増えている」と語った。

また、環境に配慮した製品も展示されていました。 ご覧のとおり、この植木鉢の表面は布でできており、奇妙な幾何学的形状をしています。 また、この植木鉢は生分解性プラスチックでできており、水と二酸化炭素に分解してプラスチックの廃棄物を減らします。

「原材料の半分以上または51%は紙でできており、残りの49%はプラスチックでできており、可燃性の材料に置き換えることができます」と別の出展者は述べています。 人工芝は世界中で使用されていますが、高温の中で問題を引き起こし、人々を傷つけます。

そのため、この問題を防ぐために、腐植土がその上に広がり、クッションとして機能します。 「世界中の子供たちが緑豊かで快適な芝生で走ったり遊んだりすることは非常に重要だと思います。自然と統合された最新の技術で子供たちの足を保護するための国際特許を申請します」と出展者は説明しました。

人々が余暇に新しい活動を選ぶとき、園芸産業は多種多様な製品で顧客を引き付けることを目指しています。 (ANI)

(このストーリーはDev Discourseスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されました。)

READ  最新のコロナウイルス:米国はオリンピックに先立って日本に「旅行しない」を発行します