Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のクリエイティブ産業の労働者の80%が過去10年間に迫害されてきました

水曜日の業界関係者のオンライン調査によると、日本のクリエイティブ産業で働く人々の約80%が、過去10年間に性的または権力の乱用を受けたと報告しています。

12月から1月に実施された1,449人を含む調査で虐待された1,195人のうち、多くは女性、若者、またはパートタイムの従業員でした。 彼らの仕事の分野は、アニメや美術から映画や演劇にまで及びました。

被害者は職を失うことはできないと感じていたため、文句を言うのは難しいとのことでした。

雇用主による権力の嫌がらせには、職務格付けの恣意的な基準に基づいて不当な批判を行うことも含まれます。 社内では、クリエイティブ業界では格付けの基準が曖昧であることが一般的であるため、他のセクターと比較して、そのような権力の乱用を犯す可能性が高いと述べました。

20代の男性俳優は、演劇学校のポストプロダクションパーティーで、彼と同時に他の俳優が彼を批判するように求められたと調査で書いた。

30代の漫画家は、先生が「汚れているので仕事が不安定だ」と言って、彼をからかったと不満を漏らした。

30代の女優は、演劇の日に突然ドレスが水着に着替えたと言った。

セクシャルハラスメントの被害者の中には、芸術的必要性の疑わしい主張に基づいて、ヌードに対する不当な要求と見なされていることに不満を持っている人もいます。 他の人々は、仕事と引き換えに性的援助を提供するよう圧力をかけられたと述べた。

回答者の約60%は非公開です。 多くの人が、契約が締結されておらず、漠然とした雇用と賃金の条件の下で働いていたため、安全を感じていないと述べた。

プラスサイズのファッションアイコン、渡辺直美、今年の夏の東京オリンピックの最高経営責任者である渡辺直美は、最近、クリエイティブ業界での迫害が大きな注目を集めていることを明らかにしました。オリンピック開会式。 。

監督の佐々木宏は、啓示を受けて辞任した。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本は別のコロナウイルスの緊急事態を避けたい