Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のグリンは、ホームディストリビューターがより多くのビールの販売に役立つことを望んでいます

東京-日本のグリンホールディングスは、16年間落ち込んでいる売り上げを伸ばすためにビール販売業者に頼っています。

Girinは、コンパクトなビール販売業者であるHomeTopが今年10万人の加入者を引き付けることを望んでいます。 同社は2017年に肺頭付きビールディスペンサーを発売したが、生産禁止はこれまで大規模なサービスを提供できなかったことを意味する。

ギリンホールディングスの一部門であるギリンリキュールのCEOであるヒューズタカユキ氏は最近の記者会見で記者団に語った。 彼はホームテープをビジネスの「重要な柱」であり、「ビール市場を復活させるための取り組みの1つ」と呼んだ。

グリンのフラッグシップ一番しぼりブランドやクラフトピアスなど、新ビールのサブスクリプションサービス。 加入者はビールの代金を支払うだけで、期間中は無料のホームテープを受け取ります。

コロナウイルスが発生する前から、日本のビール業界は消費量の減少に直面していました。 それは健康感を高めるだけでなく、職場の変化(より多くの電気通信と雇用主との義務的な社会化の減少による)により、パブを攻撃する個人が少なくなります。

グリン氏によると、ホームテープ用の350mlビール1杯の価格は、スーパーマーケットで販売されている登録ビールよりも約400円(673.67)高い。

グリーンは、ホームテープのアルコール販売が2021年までに6.6%増の6,944億円になると見込んでいる。 この目標を達成するために、クラフトビール事業にも注力します。 同社は3月にスプリングバレーと呼ばれる新しいクラフトビールブランドを立ち上げました。 スプリングバレーを2万キロリットル販売し、クラフトビール市場を現在の水準から1年以内に1.5倍に拡大したいと考えています。

READ  日本は東芝のための政府支援基金消費者オファーを検討します:レポート