Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のグルメおにぎりレストラン、オニギリーがウォルナットクリークにやってくる

La Cocina生まれのオニギリーと人気の日本の屋台の食べ物のメーカーであるおにぎりは、この夏、ウォルナットクリークのローカストストリートに待望のファストカジュアルオプションをオープンしました。

現在1372ローカストストリートにあるデアフガンヌを収容している場所に8月にオープンする予定のレストランは、小さなベイエリアチェーンの最初のコントラコスタ郡の場所になります。 サンフランシスコで唯一のインキュベーターキッチン支援起業家であるオーナー兼創設者の金松浩二は、現在、サンフランシスコ、パロアルト、サンマテオでレストランを経営しています。

金松について少し:2006年に日本から初めてアメリカに来たとき、寿司屋がたくさんあるにもかかわらず、お気に入りのおにぎり、部分的に挽いた玄米の持ち運び可能な三角形、そしておいしい詰め物が包まれていることに驚いていました海藻で; 2300年以上の歴史を持つ定番のファストフードで、日本の寿司よりも頻繁に食べられます。 そう ワンゲル (Oh-NEE-Ghee-Leeと発音します)。

メニューはシンプルです。 おにぎり1個で3ドルから4ドルで、雪カニやスパイシービーフから大豆煮椎茸や揚げ豆腐まで、20種類近くの具材からお選びいただけます。 オニギリーでは、枝豆やわかめのサラダなどのトリプル($ 6.50〜 $ 15)を提供しています。 また、丼(13ドルから14ドル)や巨大なポケ丼(13ドルから14ドル)のほか、スープ、おかず、抹茶や柚子ケーキなどのデザートも作っています。

READ  Emmerdaleのネタバレ-MeenaJutla殺人の最初の犠牲者が発見されましたاكتشاف