Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のゲームメーカー、セガサミーがリゾートをアメリカのファンドに売却

日本のゲームメーカー、セガサミーがリゾートをアメリカのファンドに売却

東京(AP通信)-日本のエンターテインメント企業であるセガサミーは金曜日、同社のリゾート複合施設シーガイアを米国のフォートレス・インベストメント・グループに売却すると発表した。

ビデオゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を開発した東京に本拠を置くセガサミーホールディングスは、日本の南西部、宮崎市でシーガイアを運営するフェニックスリゾート社の全株式を売却すると発表した。

取引の金銭的条件は明らかにされていない。

セガサミーの取締役会で承認されたこの措置により、2025年3月までの会計年度で約85億円(5500万ドル)の特別利益が増加することになる。

セガサミーは声明で、同社が2011年以来176軒のホテルを買収して以来、ニューヨークに拠点を置くフォートレスが選ばれたのはその経験によると述べた。

セガサミーは所有権売却完了後も新たに発行される株式を通じて議決権の20%を取得し、フェニックスとの協力を継続する。

また金曜日、セガサミーは3月終了会計年度の利益が前年の459億円から330億円(2億1200万ドル)に減少したと発表した。 売上高は20%増の4678億円(30億ドル)となった。

セガサミーは、2月の発売後最初の週で100万ダウンロードを記録した「ペルソナ3 リロード」、古いながらも根強い人気を誇る「アングリーバード」ゲーム、「ライク・ア・ドラゴン」などのビデオゲームを含む複数のエンターテインメント事業を展開している。 」。

また、ゲーム、パチンコ、いわゆる「バチェロレッテ」マシンも製造しており、アニメーション作品の知的財産も所有しています。

同社はゲームと映画を通じたソニックのライセンス収入に依存しており、この分野は過去 5 年間で 10 倍に成長しました。

セガサミーのリゾート運営は最近黒字転換したが、パンデミックの影響で日本や国内への旅行が中断され苦戦した。

シーガイアの経営をフォートレスに移管することで、セガサミーはビデオゲームなどのコア強みにさらに注力するつもりだ。

日本の通信・テクノロジー企業ソフトバンクグループはフォートレスの過半数株を保有しているが、アブダビの投資ファンドムバダラは2023年5月にフォートレス・インベストメントの過半数株をソフトバンクから購入すると発表した。 規制上の要件により、この取引はまだ完了していません。

___

Xの影山優里: https://twitter.com/yurikageyama

READ  ウィル・スミスが日本のYouTuber Bilingirl Chikaと寿司を作ったとき